はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、生真たらこを煮ました。

真たらことは、その名のとおり真たらの子のことです。

サザエさんで言うと、たらちゃんです。(違う!)

調べましたところ。北海道食材となっておりました。

かすべも北海道にしかないということを知らなくて、記事にしましたが、かすべとはエイのことです。

地域によって、食べ物は違いますよね。

真たらこは、ちょっとグロテスクですが、味はおいしいです。

たらこの大きいやつと思ってください。

大きければ、血管とかがわかりますので、初めてご覧になった方は、これ食べられるの? と思う事でしょう。

皮が黒いのとピンクのがありますが、黒いのは購入したことがありません。

中は同じようですので、味も同じだと思いますが、見た目の問題です。

だって、グロいんだもん。

 

皮が被っている真たらこをさっと、水で洗いまして、筋だけキッチンばさみで取り除きます。

土鍋に水、昆布、めんみ、鶏がらスープ、七味唐辛子を適当に入れて、味見をしてから、真だらこをキッチンばさみで適当な大きさに切りながら入れます。

本当は、皮は入れずに、卵だけスプーンなどですくって入れるのですが、面倒なのと、皮も栄養があるはずと思っております。

皮がない方が、見た目はよいですが、小さく切ってしまえば、それほど気になりません。

そして、つきこんにやくを加えて火を点け、煮えたようでしたら、火を止めます。

放っておくと、土鍋が程よく煮てくれます。

 

食事の時間が近づいてきましたら、土鍋の蓋を開けて、火を点けて水分を飛ばすので、水は少ない方がよいです。

しかし、私は面倒なので、汁があるままいただいております。

ヘタに水分を飛ばすと、土鍋にたらこがこびりついて、洗うのが大変になります。

水分を飛ばすときは、洗いやすい鍋でした方がよいです。

 

寒くなるのは嫌ですが、この時期限定の食材がスーパーに並びますので、楽しみもあります。

生真だらこは、とてもおいしかったので、また購入したいです。

 

真だらこは グロテスクだが 美味いんだ つきこんにゃくと 相性よいよ

 

健康な 歯を削るのが 仕事です 誰でもできて 高収入よ