はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、痛めたのは左脇の下でした。

昨日、寝違えて痛めてしまったのは、左脇の下のようです。

背中だと思っていたのですが、痛すぎるとどこが痛いのかわからず、痛みが和らいでくるに従って、わかるようになります。

 

昨夜は就寝しても、痛くて中々寝られませんでした。

起きているときは、体を動かさないようにすることができますが、寝てしまうと、そうもいきません。

無意識に体を動かしてしまいますので、うとうとすると痛みで目が覚め、痛みが治まると、うとうとして、また痛みで目が覚めるのを繰り返しました。

敷布団に背中をつけて寝ますと、左脇を動かしてしまうようで、痛くないように横向きになって、脇の下を動かさないようにして寝ました。

右側を下にした時は、左腕に力を入れて脇を閉め、布団の中で気をつけの姿勢で寝ました。

ずっと、その姿勢では苦しいので、左側を下にした時は、痛い部分に腕があたらないように、左脇の下を敷布団につける感じにして寝ました。

横向きでずっと寝ていますと、手や足がしびれてきます。

そのままにしておきますと、手足を痛めてしまう恐れがありますので、適当なところで、痛みをこらえながら左右を入れ替えました。

うつ伏せもしてみましたが、やはり脇の下を動かしてしまいますので、痛くて無理でした。

そうやっている時に、どこが痛いのか、はっきりしましたので、夜中の1時ごろに、ピップエレキバンのような貼る針であるスポールバンを貼りました。

貼っていた磁気も、痛いところに貼り直しました。

その後、鎮痛剤と葛根湯を服用しました。

葛根湯は、肩こりにも効きますので、寝返りにも効果があると思います。

 

いやー、鎮痛剤は効きますね。

お陰様で、ぐっすりと寝られました。

朝、目が覚めたときも、動かすと痛いですが、床に置いてある物を取ることができました。

今までは痛くて、かがむことが難しかったのです。

その後も鎮痛剤を服用しておりますので、酷く痛いことはありません。

初めから鎮痛剤を服用していれば、よかったかもしれませんが、こんなに長引くとは思わなかったのです。

 

確か今年の1月に左手首を強打したのですが、まだ痛いですし、右手首はマウス腱鞘炎で傷みがあり、勝手に削られた歯も痛いですし、新型コロナウイルス疲れもありますので、満身創痍で記事を書いております。

 

お薬を 正しく使い 健康に 導くことが 重要課題

 

歯科医院 無断で治療 不可能に するの当然 だが誰もせず