はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、上の歯のクリーニングをしたから。

歯科衛生士さんから呼ばれたので、診察室へ入りました。

診察の椅子に座わると、歯科用のエプロンをつけてくださいました。

ここでは、不織布をエプロンホルダーに挟んで使っており、使い捨てのようです。

衛生士さんが置いてくださった紙コップで、口をゆすいで待ちました。

 

先生が来られました。

 

「こんにちは。よろしくお願いします。」

「こんにちは。どうですか?」

「しみ止めをつけていただいた直後はよいのですが、段々としみるようになります。」

「繰り返しつけていると、そのうちにしみなくなるかもしれません。しみ止めが効かないようでしたら、レーザー治療をしましょう。」

「レーザーを使うと、しみなくなりますか?」

「レーザーもすぐに効くという訳ではなく、繰り返し当てていると、しみなくなります。」

「すぐには効かないのですね。」

「はい。今日は、しみ止めで様子を見ましょう。」

「はい。お願いします。」

「それから、上の歯のクリーニングをしますね。」

「はい。お願いします。」

 

診察室に、衛生士さんと二人きりになりました。

 

『上の歯のクリーニングをします。痛いときや、嫌な感じがしたときは、我慢しないで、すぐに左手を上げてください。』

「左手ですね。わかりました。」

『絶対に、我慢しないでください。』

「わかりました。」

 

ここの歯科では、治療中に痛い時は、我慢しないように指示してくださるのは、安心できます。

 

『椅子を倒します。』

「はい。」

 

椅子が倒されると、目にタオルがかけられました。

タオルは軽くかけられましたので、下の方から周りの様子が見られました。

ライトがついたので、明るくなりました。

 

『クリーニングをします。』

「はい。」

 

タオルを少しめくられて、メモを見せてくださいました。

私は、口を開けました。

 

上の奥歯から、クリーニングをされました。

痛い! と思ったので、直ぐに左手を上げました。

衛生士さんは、器械を当てるのを他の箇所へ移動しました。

また、痛かったので、左手を上げると、同じように痛いところには、当てないようにしてくださいました。

勝手に削られた歯のところは、軽くしかしませんでした。

思い切り機械を当てられたら、痛かったことでしょう。

 

クリーニングが終わったようで、私のアゴを軽く押さえて、口を閉じるように指示されました。

ライトが消され、目にかけられていたタオルが取り除かれました。

 

「椅子を起こします。」

「はい。」

「口をゆすいでください。」

「はい。」

 

私は、紙コップで口をゆすぎました。