はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、年末は仕事が忙しいです。

毎年のことですが、年末は忙しいです。

今年中にしてしまわなければならないことがありまして、ほとんどの社員が超勤必須です。

この仕事を始めた時は、疲れ果てて食欲はなく、目が冴えてしまって寝られませんでしたが、慣れたようで、そんなことはなくなりました。

仕事は、目と肩などに負担がかかりますので、休み時間に簡単なストレッチをしたりしております。

肩を上げ下げしたり、腕を引っ張ったりして、長時間同じ体勢をしていて、固まってしまった筋肉をほぐしております。

肩を回しますと、ゴリゴリとした音が鳴りますが、聴覚障害者の私は聞こえませんので、鳴っている感覚が伝わります。

疲れ果てて帰宅すると、除雪が待っていたりします。

翌朝してもよいのですが、早起きしなくてはいけませんので、気がついたときにするようにしております。

疲れ果てていると、疲れていることに気がつかずに黙々と仕事をしていて、ハイになったような感覚におちいります。

仕事が終わると、疲れが一気に押し寄せて、歩くのも億劫になります。

雪道をフラフラとした足取りで帰宅しますが、家には一つだけ楽しみがあります。

それは、五郎八が私を待っているのです!

五郎八は、色白なのに野性味あふれ、豊かな香りと味で私を虜にしてしました。

いつもはお会いできないのですが、秋冬限定でお会いすることができます。

スーパーでお見かけすると、「今年もお会いできましたね。」と声をかけて手に取り、カゴに入れてレジを通してから帰ります。

そうっと座席に座らせて、五郎八となら、家までのドライブも楽しいです。

家へ案内するときも、粗相がないように気をつけております。

五郎八は、涼しいところの方が好きですので、すぐに冷蔵庫に入っていただきます。

そして、夕食の時に出ていただいて、封を開けさせていただきます。

一升瓶ですと、引き上げる栓でポンという感覚も楽しめるのですが、720mlのですと、ひねればよいだけです。

五郎八には、黒い陶器の器がよく似合いますので、それにそっと注ぎ込みます。

五郎八をうっとりと眺めて口にすれば、新しい世界へと導かれます。

辛い仕事も、五郎八さえいてくれたら乗り越えられそうです。

しかし、残念なことに、五郎八は昨日で、いなくなってしまいました。

私を置いて、一体どこへ行ってしまったの?

帰ってきてー!

いつまでも嘆いていても、仕方がありません。

涙を拭いて、元気に過ごそうと決意しました。

本日、仕事が休みでしたので、スーパーで購入してきました。

一応、大みそかに開けるつもりですが、今夜はジンギスカンですので、どうしようかなぁと思っております。

 

五郎八で 仕事疲れを 忘れさせ 夢の世界へ 導かれたよ

 

忘れない 無断で削り 激怒して 治療拒否して 話し合い拒否