はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、豆乳を飲むと削られた歯が痛いです。

本当に少しずつですが、勝手に削られた歯も、しみなくなってきて、痛みが少なくなりました。

そのため、食べられなかった物も、食べられるようになってきました。

私は噛みしめ癖がありましたが、噛めなくなりましたので、歯並びが変わり、奥歯が出てきて、削られた上の前歯に、下の前歯があまりつかなくなりました。

ずっと痛くて、噛むことができなかったのですが、奥歯で噛めるようになったのです。

今も辛い物を食べるとピリピリしますが、そのせいで3日間も歯が痛いことはなくなりました。

前歯につけないようにする食べ方にも、慣れたのもあると思います。

 

歯を削られる前は、ずっと豆乳を飲んでいました。

無調整豆乳は水っぽくて、あまりおいしくありませんが、飲んでいると体の調子がよかったので、続けていました。

しかし、歯を削られてから飲めなくなってしまいました。

何故かと申しますと、豆乳が歯にしみるのです。

豆乳は、辛くも甘くもありませんので、不思議に思われるでしょうが、粘りがあり、歯にいつまでもついているようで痛いのです。

あんな水っぽいものに、粘りなんてないと思われるでしょうが、豆乳はベタベタした感じがあります。

そのため、調整牛乳を飲むようになりました。

イメージ的に、牛乳の方が歯につきそうですが、牛乳は削られた歯を舐めると、とれますので大丈夫です。

何か口にする度に、削られた歯を舌できれいにするようにしています。

口をゆすいでもよいのかもしれませんが、せっかく食べたり飲んだりしたのですから、栄養分を捨てたくありません。

こんなことをしているのは、世界中を探したら他にもいるかもしれませんが、ごくわずかだと思います。

 

色々と食べられるようになりますと、今まで口にしていたものを取ってみたくなります。

無調整豆乳を購入して、飲んでみました。

水っぽいのは相変わらずで、歯の痛みも同じでした。

飲み終えてからも、じわじわとした嫌な痛みが、30分以上続きました。

削られた歯につかないように、上を向いて流し込んだのですが、無理でした。

紅茶とコーヒーに加えてみましたところ、少量ならば、気になるほどの痛みはありませんが、じわーっと痛いです。

痛い思いをしてまで、あまりおいしくない豆乳を飲みたくありません。

1Lのを購入してしまいましたが、まだ、たっぷり残っております。

 

豆乳が 削られた歯を 刺激する 歯から離れず じわじわ痛い