はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、はたはたの飯鮓を食べました。

ずーっと食べたいと思いつつ、売り場で見るだけでしたが、前日、はたはたの飯鮓を購入しました。

私は飯鮓が大好きで、子どものころは、寒くなると必ず、食卓に上がっておりました。

昔は寒い時期限定でしたが、今は1年中、売られておりますね。

 

小皿に飯鮓を入れて、醤油を少しかけて食べましたが、噛み切れませんでした。

大抵の物は食べられるようになりましたので、大丈夫かなと思ったのですが、無理でした。

 

削られたのは上の前歯なのですが、噛めなくなったことで奥歯が出てきまして、削られた上の歯に、下の歯が強く当たらなくなり、奥歯でつぶすようにして噛めるようになりました。

固いかりんとうも、奥の方に入れて、ゆっくりつぶせば食べられます。

かりんとうは固いので購入しませんが、職場でいただいて食べなくてはいけないこともあります。

口に入れて少しおけば、柔らかくなります。

 

しかし、飯鮓はそうもいきません。

はたはたを口に入れて、奥歯でなんとかしようと思いましたが、弾力性があり、噛み切ることはできませんでした。

とてもおいしいのに、食べられないなんて、つらすぎます。

そこで登場したのが、キッチンばさみです。

飲み込めるように小さく切りまして、口の奥へ放り込みました。

噛むこともできて、食べることが出来ました。

しかし、食べるには時間がかかりますね。

よく噛んで食べるというのは、とても大切なことですが、噛み続けると削られた歯に負担がかかってしまい、1日中、ジンジンとした痛みが続きました。

カレイかシャケにするべきだったと、後悔しましたが、久しぶりの飯鮓はとてもおいしかったです。

歯の痛みを気にしないで食べていたころが懐かしいです。

 

飯鮓食べ おいしいけれど 歯が痛い 機械を買って ミンチにするか

 

歯科医師に ミンチにされて 怯えてる 被害者たちは 声をあげよう