はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、タオルで目隠しされたから。

「今日は、しみる歯に、しみ止めをつけます。詰め物の取り替えは、次回にしましょう。」

「はい。」

「先に、歯のチェックをします。」

「はい。」

「では。」

「丁寧に説明してくださって、ありがとうございました。」

 

私は頭を下げて、先生を見送りました。

歯科衛生士さんが、来られました。

 

『眼鏡を外して、ここへ置いてください。』

「はい。」

 

書いてくださったとおり、診察台のテーブルの上へ置きました。

再び、何か書いてくださいますので、体を起こして外した眼鏡をかけました。

 

「眼鏡を外すと、ほとんど見えないのです。」

『これから、歯のチェックをします。眼鏡を外してください。』

「はい。台に置かないで、持っています。」

『椅子を倒します。』

「はい。一々、書くのは大変ですので、身振りで指示してください。眼鏡とか、倒すとか。口元を見れば、多少はわかります。」

 

眼鏡の時は、眼鏡のツルを持って外すしぐさ、倒すは、手を顔の前で立てて、甲側に倒すしぐさをしました。

 

椅子が倒され、目にタオルがかけられました。

ライトがつけられたようで、明るくなりました。

何をされるのか、ドキドキしましたが、削られる心配はないと思いました。

見えないと、余計に怖いです。

タオルが、少しめくられて、紙を見せられました。

 

『口を開けてください。』

「口元を触ってくだされば、口を開けますので、書かなくても大丈夫ですよ。」

 

タオルが再びかけられましたので、口を開けて待ちました。

口の中に、棒状の物を入れられて、歯を触っています。

奥歯から前の方に向かって、順番にしています。

治療している歯や残存の歯を記入しているのだと思います。

治療している歯はたくさんありますが、親知らずを1本抜いただけです。

 

アゴを触られ、口を閉じるように指示されました。

上の歯のチェックが終ったのでしょう。

口元を触られましたので、口を開けました。

今度は、下の歯のチェックです。

長く口を開けていると疲れますが、ここは適度に、口を閉じて休ませてくれました。

アゴを触られ、口を閉じると、目に置いていたタオルが除けられました。

 

『椅子を起こします。口をゆすいでください。』

「はい。」

 

椅子が起こされたため、口をゆすぎました。