はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、歯の模型を見せながら説明してくれたから。

どのくらい時間が経ったのかわかりませんが、奥さまが来られました。

私のそばで、ボードに挟んでいる紙に書き、それを私に見せてくれました。

 

『削ったと言っても、ほんの少しだけです。それで、食事が取れなくなるほど、しみることがありません。というのが、院長の見解です。』

「本当に、しみるのです。削られた歯に、舌で触れることもできません。こうやって話をしていても、歯がスースーして、とても嫌で、話をしたくありません。」

 

奥さまならば、わかってくださるのではないかと思い、空気にしみるのも我慢して、必死に状態を訴えました。

奥さまは私の側を一旦離れましたが、また書いてくださいました。

 

『他の患者さんは、もっとたくさん削っていますが、しみることはありませんでした。治療によっては、健康な歯を削ることは、よくあります。この間も、削ったのが目に見えるほど、たくさん削りましたが、何ともありませんでした。少ししか削っていませんので、しみるはずはありません。』

「他の患者さんのことはわかりませんが、本当にしみるのです。」

 

歯が涼しすぎて、口を開けるのも嫌なのに、何度も同じようなことを説明していますので、泣きたくなりました。

奥さまは、また私の側を離れて、戻って来られてから書き始めました。

 

『ザラザラした歯を磨いて、歯が窪むこともあり得ません。』

「本当に、窪んでいるのです。」

『歯の表面を磨いただけで、窪むほど削れることはありません。』

「この歯は、神経を抜いているのですが、詰め物削られて、歯の表面が大きく窪んだのがわかったので、ザラザラしていましたが、よくなったと嘘を言って、削るのを止めてもらいました。」

 

奥さまは無言で、私から離れましたが、少しして戻って来られました。

手に、歯の模型を持っています。

それを見せながら、説明してくださいました。

 

「前歯の裏側は、窪んでいるのが普通です。このように、カーブになっていて、窪んでいます。」

「この歯は、神経を抜いていて、詰め物がされています。確かに、他の前歯は、窪んだ感じになっていますが、詰め物をされているために、他の歯と違い、表面が平らになっていました。それが、削られたことによって、大きく窪んでしまいました。」

『磨いて、窪むほど削られるようなことはありませんが、絶対にないとは言えません。』

 

奥さまは、また私の側を離れました。

戻って来られると、こう書きました。

 

『少し削っただけで、食事を取れなくなるなんて、普通・・・・・・?』

 

私が、普通ではないと言いたいのでしょうか?