はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、私に会いたかったから。

営業へ伺うと、20代の歯科衛生士さんが、私に気がつき、受付から声をかけてくださいました。

 

「こんにちは。」

「こんにちは。」

 

私は受付へ行き、衛生士さんにカタログを渡しました。

 

「ちょっと待っていてください。」

 

衛生士さんは、カタログを持って奥へ行かれました。

衛生士さんが、戻って来られて言いました。

 

「今日は、よかったです。」

「ありがとうございました。」

 

注文がないかどうかを聞いてくださったのでしょう。

注文があるときは、衛生士さんと入れ替わり、奥さんが来てくださいます。

 

ある日、いつものように営業へ伺うと、私に断って、衛生士さんが奥へ行かれました。

私は、何か注文があるかもしれないと思い、待っていました。

しばらくして、院長先生が来られました。

私は、びっくりしました。

院長先生は、私が持って行ったカタログを持って、パラパラとめくり始めました。

 

「こんにちは。」

「こんにちは。ーはーー。」

「患者さんがいらっしゃるのに、いいのですか!」

「たまには、いい。」

 

待合室には、誰もいませんでしたが、玄関に靴がありますので、患者さんが診察室におられます。

 

「いつも営業をさせていただいております」

「ーはーーか。」

「なんでしょうか?」

 

私は聴覚障害者です。

補聴器を使っておりますが、音がわかる程度で、言葉としては認識できません。

会話は、相手の口元を見て判断しております。

院長先生は、マスクを外してくださっていますが、読み取ることができません。

困った感じの院長先生に、申し訳なく思い、あてずっぽうで、伺ってみました。

 

「カタログですか?」

「ーー。」

「違うのですね。なんでしょう?」

 

なんだろう? 何か聞かれたけれど、一体なに?

私は、考えました。

あっ! もしかして!

 

「歯ですか?」

「そう。歯は、ーー、ーーですか?」

「歯は、その後、どうですか?」

 

笑顔の院長先生が、軽くうなずきました。

 

「おかげさまで、大丈夫です。ありがとうございます。」

 

私がやっと理解して、院長先生も嬉しそうですが、私もホッとして、笑顔になりました。

一つ問題が解決すると、気になるのが、診察室です。

 

「患者さんが、お待ちになっているのではありませんか?」

「ああ。」

「何か注文がございましたら、承ります。」

「いや、今日は・・・・・・。じゃあ、また。何かありましたら、来てください。」

「はい。ありがとうございました。」

 

診察室へ戻る院長先生をお見送りした私は、歯科医院から出ました。

 

診察室に患者さんがおられるのに、わざわざ受付へ来られるなんて、よっぽど私に会いたかったのね。

モテるのも、困るわー。

 

私は、家へ向かいながら、そう思いました。