はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、人生最大の危機といえば、やはりあのことでしょう。

はてなブログでは、みんなでブログを楽しむためにお題があるのは、知っておりましたが、初めて書いてみようと思います。

今週のお題「人生最大の危機」の記事を書かせていただきます。

 

それは営業先の歯科で、勝手に歯を削られてしまったことです。

商品のお届けに行った際に、歯がしみることが続いていると、受付で言ってしまったのが、そもそも間違っておりました。

ここの歯科ですが、前年までは、メチャクチャ混んでいたのに、急に患者さんが誰もいないとか、普通に考えたらあり得ませんよね。

5年以上営業させていただいておりましたが、患者さんがいないなんてことはありませんでした。

間違いなく、何かあったのでしょう。

患者さんが激減した時に、気がついたことは、ずっとストーブのそばに貼ってありましたインプラントを勧めるポスターがなくなったことです。

多分、インプラントで、何かあったのだと思います。

個室もない普通の歯科で、インプラントをするのも間違っていると思います。

顎の骨に穴を開けて、ボルトを埋め込むのですから、大手術です。

血も飛ぶでしょうし、菌がいっぱいあるところでしたら、感染症が心配です。

ヤブ歯科、歯科衛生士、歯科助手の3人だけで、危険ですよね。

そんな歯科へかかってはいけませんよ!

 

気づいていながら、何故、かかってしまったのでしょうか?

それは、営業させていただいていたからです。

営業って、本当に大変なのです。

営業すると、露骨に嫌な顔をされてしまいます。

それでも仕事ですから、しない訳にいきません。

ヤブ歯科では毎月必ず、商品を購入してただいておりましたので、お得意さまでした。

ヤブ歯科の方でも、買ってやっていると思っていたでしょうから、私にならば何をしても大丈夫だと思っていたでしょうね。

そんなことで、勝手に歯を6本も削られてしまいました。

削られた歯がしみて、水すら飲むのが大変でしたが、2年経った今は、冷蔵庫から出し立ての麦茶を恐る恐る飲めるようになりました。

今は暑いですので、その辺に置いて置けば、すぐに温くなります。

職場に持って行く麦茶は、未だに少し温めてからマイボトルに入れております。

冷たいものを口にするのは、今でも怖いです。

真夏でも、冷たいものを口にできないのは、本当に辛いです。

 

歯科医という国家資格さえあれば、無断で歯を削っても問題ないようで、国も歯科医師会も黙認しております。

北海道歯科医師会から『歯科診察においては、主治医の判断が最優先されます。』と回答をいただいたときは、本当に驚きました。

治療においては、患者が優先なのだとばかり思っていましたが、主治医って、どれだけエライのでしょうね。

削られた歯は、二度と元には戻りません。

歯科へは行ってみなければわからないところが怖いですが、治療中であっても、少しでも違和感を持たれたときは、すぐに逃げてください。

私のように、食べたいものも、飲みたいものも、取れなくなってしまいます。

ということで、人生最大の危機は、ヤブ歯科で勝手に歯を削られたことです。

 

私の歯 おいしく食べる ためにある ヤブの儲けに され泣き崩れ