はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、魚の内臓を干してみました。

スーパーで、50円の生カレイが売られていました。

ヒレも内蔵も、そのままです。

それらを処理したものが店頭に並ぶと、1匹98円くらいになると思います。

私でも内臓を取るくらいは、簡単にできますので、購入しました。

 

水を入れたボウルで、カレイを軽く洗った後、包丁の背で、うろこを取り除きます。

そして、キッチンばさみでカレイを切って、内臓を引っ張って取ります。

引っ張っても取れない部分は、ハサミで切り取りました。

しっぽとヒレも切り取り、流水で洗って、カレイを包丁で半分に切りました。

それを1匹ずつ、ラップに包んで、冷凍保存しました。

 

カレイの内臓ですが、今までは冷凍して、生ゴミとして出していました。

そのまま置いておくと、ビニール袋に入れても、臭いが気になります。

冷凍すると、臭いませんので、とてもよいです。

しかし、昨年の夏に、地震で40時間以上の停電を体験しました。

冷凍室へ入っていたものは、全て解凍されてしまいました。

地震後、生ゴミは全て、紙の上に置いて乾燥させ、小さく切って畑に撒いております。

生ゴミがなくなり、畑の肥料にもなりますし、冷凍室に生ゴミを入れて置かなくてよいので、一石三鳥です。

現在、畑は雪の下になっておりますので、撒くことができませんので、ゴミの日に捨てております。

 

カレイの内臓をどうしようか悩みました。

魚の骨やヒレは、野菜の皮と同じように乾燥させていましたが、地震後に内臓をついたままの魚を購入したのは、今回が初めてです。

今までと同じように、冷凍した方がよいのかと思いましたが、電気が使えなくなるかもしれないことを考えますと、気軽に冷凍保存できません。

やはり、乾燥させてみることにしました。

 

発泡スチロールのトレイの上に厚紙を敷いて、ヒレと内臓を重ならないようにして置き、ストーブの前で干しました。

厚紙は水分を吸って、ふにゃふにゃになったため、違う紙に移して、内臓をひっくり返しました。

何度が、ひっくり返すのを続けていると、段々と乾いてきました。

ヒレや尻尾は、2時間くらいで乾いてきましたので、手で割いて小さくしました。

部屋が生臭くなりましたが、内臓が乾燥してくると、その臭いも薄くなってきました。

 

翌朝、カレイの内臓は、干からびていました。

乾燥前の1割もないくらい、小さくなっています。

紙にくっついてしまって取れないのは、そのまま捨てましたが、取れたのは、手でちぎり更に小さくして、干してあった玉ねぎの皮と一緒にしました。

混ぜてしまうと、内臓がどこにあるのかもわかりません。

 

部屋は、魚の乾物を食べたような香りがしましたが、それも段々となくなりました。

夏ならば、虫の心配もありますが、冬なのでストーブもつけており、乾燥しやすかったのもよかったです。

生ゴミは臭いですが、家には乾燥されたゴミしかありませんので、臭いません。

ゴミの量も少なくなりますし、生ゴミを乾燥させるのは、オススメです。

 

生ゴミは 乾燥させて 処分する 肥料にもなり 一石二鳥

 

歯科医師と 言う名の詐欺師 闊歩する 被害が出ても 国は沈黙