はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、痛いのを我慢したから。

『盛り上がっているところを削って行きます。少し振動があります。止めて欲しい時は、左手を上げてください。』

「はい。左手ですね。眼鏡は右手に持ちます。」

『遠慮しないで、手を上げてくださいね。』

「はい。ありがとうございます。」

 

眼鏡は、診察台の上に置くように指示されていましたが、メモを見る度に体を起こして、眼鏡を取るのが面倒なので、手に持っていました。

勝手に私の歯を削った歯科では、痛かったら言ってくださいとか、手を上げてくださいとかは、一切ありませんでした。

治療中に痛くて、止めて欲しかったことがありますが、治療が終わるまで我慢しました。

 

『椅子を倒します。』

「はい。」

 

椅子が倒されると、目にタオルがかけられました。

明るくなったので、タオル越しにもライトがついたのがわかりました。

軽くアゴに手がかけられましたので、口を開けました。

機械が前歯に当てられたようで、振動が伝わってきます。

強めの按摩器というか、振動が我慢できなくて、2回使っただけの電動歯ブラシに似た感じです。

嫌な感じはしますが、左手を上げるだけで止めてくれると思うと、少し安心できました。

振動が治まり、タオルが除けられ、メモが差し出されました。

 

『噛んでください。』

「はい。」

 

口の前に差し出された赤い紙を噛みました。

衛生士さんが、私の口の中を見て、軽くうなずきました。

 

『削ります。』

「はい。」

 

目にタオルがかけられ、口を開けると、振動が伝わってきます。

また赤い紙を噛むように指示されました。

今度は、繰り返し噛みました。

その後、削りました。

 

また、赤い紙を噛みました。

衛生士さんは、ゴム手袋をつけた手で、削ったところを指で触れています。

少しだけ削りました。

 

『高いところや、気になるところはありませんか?』

 

私は舌で、削った歯をなぞりました。

歯の表面はザラザラしていますが、カーブしていて、勝手に削られる前と同じ感じになりました。

 

「いえ、ありません。とてもお上手ですね。」

 

衛生士さんが、微笑みました。

 

『椅子を起こします。口をゆすいでください。』

「はい。」

 

椅子が起こされましたので、口をゆすぎました。