はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、削ることを磨くと言われたから。

奥さんの代わりに、歯科衛生士さんが来られました。

 

「どの歯がザラザラしていますか?」

「削っていただいた歯、全部です。」

「磨いていきますね。」

「いえ。歯が削れるのが気になりますので……。」

「磨きます。」

「……。」

「お口を開けてください。」

「……。」

 

衛生士さんは、にこやかに言いました。

私は、口を開けたくありませんでしたが、仕方がなく開けました。

衛生士さんが、私の口の中に、機械を入れました。

聴覚障害者のため、音はわかりませんでしたが、ゴリゴリというような嫌な振動が伝わりました。

奥さんのときは、歯に振動がありましたが、ゴリゴリはしませんでした。

 

「どうですか?」

「ザラザラしています。」

「磨きますね。」

「歯が削られるのが気になります。」

「磨きます。お口を開けてください。」

「……。」

 

歯科衛生士さんは、私が口を開けるのを笑顔で待っています。

私は、口を開けました。

歯科衛生士さんは、丁寧に私の歯を磨いてくださいました。

ゴリゴリという振動が、繰り返し伝わりました。

 

「どうですか?」

「ザラザラしていますが、歯が削られるのが気になりますので。」

「お口を開けてください。」

「……。」

 

私が口を開けると、歯科衛生士さんは、私の歯の裏側をさわっておられました。

そして、機械で歯を磨き、歯の裏側をさわってから、磨くのを何度か繰り返しました。

そんなことをしても、歯が削られるだけで、ザラザラが治るはずがありません。

歯を削らなければ、ザラザラすることもなかったのです。

 

繰り返し磨かれていると、歯が窪んだことに気がつきました。

私は、慌てて言いました。

 

「ザラザラが治りました。」

 

歯科衛生士さんは、私の歯を削るのを止めました。

 

「お口をゆすいでください。」

「はい。」

 

私は、口をゆすぎました。

また、自分の歯を排水口へ流してしまいました。

削られた歯は、ザラザラしたままでした。