はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、車をぶつけられてしまいました。

骨までも 食べてみたいな アジ開き

 

私は、魚が大好きです。

アジは、骨も皮も全て食べていました。

よく焼けた骨は、香ばしくて、とても美味しいです。

皮は硬いですが、よく焼くと、パリパリして、美味しいです。

 

勿論、過去形です。

今は、アジの身も、固いところを食べると歯が痛いので、食べられなくなりました。

 

本日、吹雪の中、市役所へ行きました。

用事を済ませて、車に乗り、他の車が行くのを待ちました。

後ろを何度も振り返って、車が来ていないことを確認してから、ゆっくり発進しました。

あまりにも、ゆっくりすぎたのか、私の車は駐車していると思われたようで、後ろから来た白い車にぶつけられてしまいました。

ちなみに、ライトはつけていました。

 

白い車から、50代と思われる女性が降りて来て、私に頭を下げました。

ちらっと、立ったまま私の車を見てから、自分が乗っていた車をしゃがんて、見ていました。

私が車から降りると、声をかけてきました。

 

「すみません。」

 

私の車を見ると、タイヤのゴムなのか、黒い線と白い線がついていました。

 

「ちょっと、タイヤの跡がつきましたけれど、車に傷はついていないようです。」

「これなら、コンパウンドで磨けば直るかもしれませんね。」

「私のは、こんな感じです」

 

相手の車は、ホイールに私の車の塗料と傷がついていました。

 

「これも、磨けば取れると思います。ホイールの傷は、そのままですが。」

「じゃあ、いいですか?」

「お互いさまですから、いいですよ。」

「すみませんでした。」

 

女性は、頭を下げて、嬉しそうに去って行きました。

 

吹雪いていましたし、見通しが悪いですから、仕方がないと思いました。

普通に走っていても、石とかで、傷がつきますからね。

 

でも・・・・・・。

 

「じゃあ、いいですか?」

 

よくないです。