はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、他の歯科へ行ったから。

しみ止めをつけていただくと、何故か歯が温かくて、ジンジンしました。

食欲はありませんでしたが、昨夜も食べていませんので、軽く食べました。

噛まなくても食べられる物を人肌の温度にして、食べました。

多分、玄米ご飯、味噌汁、目玉焼きだと思います。

当時、味噌汁は、具だけ食べていました。

人肌にしても、汁をすすると、歯にしみて嫌な感じがしましたので、少しだけしか飲めませんでした。

それでも、しみ止めのおかげで、削られた歯に舌で触れられるようになり、酷くしみなくなりました。

 

他の歯科へ通院しなくてはいけませんので、通院しやすいことだけを考えて、勤務途中にある近所の歯科にしました。

職場の先輩は、違う歯科を勧めてくれましたが、長く通うことになると思いますので、そうしました。

先輩によると、ここの先生は若くてイケメンだそうです。

ちょっと楽しみです。

 

熱がありましたが、予約するために行ってきました。

私は聴覚障害者なので、電話ができません。

 

他の歯科医のやり残しを治療するのは、嫌がられるのではないかと思い、説明のために、お手紙を作成しました。

もしも、断られたら、他の歯科へ行こうと思いました。

 

HPによると、診察時間は9時30分からでしたが、患者さんがいない時の方がよいのではないかと思い、朝9時すぎに伺いました。

受付の方が、待合室の清掃をしていました。

 

「おはようございます。」

「おはようございます。」

「こちらは、9時半からですよね?」

「はい。そうです。」

「清掃中に伺って、申し訳ありません。私は、〇町の〇〇と申します。

他の歯科へ通院していたのですが、途中で治療を中止されました。

そういう患者は、問題がありそうで、先生が診たくないと思われたのでしたら、断っていただきたいです。

先生にお手紙を書いて来たのですが、読んでいただいても、よろしいでしょうか?」

「はい?」

 

受付の方に、持参したお手紙を渡しました。

 

『はじめまして。〇〇と申します。

私は聴覚障害者なので、筆談していただけると助かります。

 

予約をさせていただきたいです。

月曜日から木曜日までは、午後4時半から、金曜日と土曜日は、いつでも大丈夫です。

 

昨日まで、ある歯科に通院していたのですが、断りもなく健康な歯を削られてしまい、削って欲しくなかったことを申し出ましたら、治療を中止されました。

クレーマーと思われてしまったのかもしれません。

私の治療をしたくないとお考えでしたら、他をあたります。

聴覚障害がありますので、面倒くさいと思います。

 

治療をしていただきたいのは、削られて、しみるようになってしまった上前歯3本です。

昨日、無理を言って、しみないお薬をつけていただきましたので、しみなくなりましたが、薬が切れるとしみるのではないかと思います。

処方していただけるのでしたら、とても助かります。

できれば、なるべく削らない治療をお願いします。

 

それから、上前歯の神経が抜いてある歯の詰め物を取り替えて欲しいです。

歯石は、上だけ取っていただきましたが、ついているようでしたら、歯石も取っていただきたいです。

 

よろしくお願いします。』

 

受付の方は、読んだ後、メモ用紙に書いてくださいました。

 

『まだ、先生は来ていませんが、大丈夫だと思いますので、予約しませんか?』

「お願いします。」

『なるべく早い方がよいですよね?』

「はい。お願いします。」

 

受付の方は、予約表を見ながら、平日の午前を指差しました。

 

「仕事が終わるのは、何もなければ午後3時15分です。午後4時までに伺えるとは思いますが、ご迷惑をおかけしては申し訳ないので、午後4時半以降にしていただきたいです。」

「そうですか。あっ、(手紙に)書いてありますね。」

「お昼休みに来ることも可能ですが、午後1時すぎからですので、ここもお昼休みですよね?」

「そうです。では……。」

 

受付の方は、22日を指差しました。

 

「大丈夫です。」

『22日、水曜日、16時30分でよろしいですか?』

「はい。お願いします。」

 

『お名前と住所と電話番号を書いてくださいますか?』

「電話はありますが、お電話をいただいても、出ることができません。記入した方がよいでしょうか?」

『お名前と住所を記入してください。』

 

渡された用紙に、名前と住所を記入してお渡ししました。

受付の方は、新しい診察券に、私の名前と予約日時を記入して、渡してくださいました。

 

「ありがとうございます。」

『22日、16時30分にいらしてください。』

「はい。お掃除中にお邪魔しまして、本当に申し訳ありませんでした。お掃除を続けてください。」

「はい。お大事になさってください。」

 

私が頭を下げると、受付の方も笑顔で頭を下げてくれました。