はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、治療を中止されたから。

1時間以上、経過したのではないかと思います。

大分前から診察室に、患者さんはいません。

奥さまが戻って来られて、目の前に用紙を見せられました。

 

『治療は中止します。院長の見解です。』

「拒否ですか?」

『中止です! 拒否なんて嫌な言葉は、使わない方がよいですよ。』

「治療拒否でないのですか? 拒否ならば帰りますが、そうでないのなら、治療をお願いします。」

『治療によっては、もっと削らなくてはならなくなります。うちでは、思うような治療はできませんので、他の歯科へ行ってください。』

「他の歯科へ行っても、同じではないでしょうか?」

『わかりませんよ。他にも歯医者はたくさんありますので、意に沿った治療をしてくれるかもしれません。』

 

そして、こう書かれました。

『歯を元に戻して。ということでしょう?』

 

そうだよ! 私の歯を元に戻して!

 

出来ないことを言うのは、やめて欲しいという感じで、バカにしたような視線の奥さまに、そう言いたかったですが、言えませんでした。

代わりに出たのは、謝罪の言葉です。

 

「いつもまでも居座って、治療の邪魔をしているのは、申し訳ないと思っています。お手紙をお渡ししたのは、説明は、治療前にお願いしたかっただけです。苦情を言いたい訳ではありません。」

『苦情です!』

「苦情ですか……。そう取られてしまったのでしたら、申し訳ありません。」

 

私が頭を下げると、奥さまは、また去って行かれました。

そして、しばらく放っておかれます。

 

奥さまが来られ、いい加減にして欲しいという感じで、ボードごと渡されましたので、書かれている文字を読みました。

 

『今回は、治療を中止させていただきます。他の歯科へ行かれてはどうでしょう?』

「治療を中止されることは理解しました。しみ止めだけでも、つけていただけないでしょうか? ずっと、歯がしみるのを我慢していましたが、これ以上、我慢できません。」

『しみ止めにも、研磨剤が含まれていますから。研磨剤、お嫌いなのですよね?』

「歯磨き粉は、あまり使わないようにしていますが……。もう本当にしみて、削られた歯に舌で触れることもできませんので、食事も水分も上手く取れないのです。他の歯科へかかるまで、我慢できません。お願いですから、しみ止めをつけてください。私につけることができないのでしたら、処方してください。自分でつけます。お願いします!」

 

私は頭を下げながら、顔の前で手を合わせて、お願いしました。

 

『鎮痛剤などのお薬と違いますので、しみ止めの処方はできないのです。』

「ドラックストアでは、売っていませんよね?」

『歯科で使用するものですので、売っておりません。』

「販売されているしみ止めは、シュミテクトとかの歯磨き粉ですか? 使っていますが、あまり効果は感じられません。」

『歯科で使うのとは違いますので、効き目が弱いです。1ヵ月くらい続けて使って効果がある? という感じです。使い続けてみてはいかかでしょう? よくなるかもしれませんよ。』

「3週間くらい使っていますが、効果は感じられません。本当に、しみてしみて大変なのです。お願いします! しみ止めをつけてください! お願いします!」

 

私が頭を下げると、奥さまは去って行かれました。