はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、元旦に御神酒を呑みました。

好きな酒 呑まなくなって さびしいな

 

私は日本酒が好きで、よく晩酌をしていました。

しかし、歯を削られてからは、ほとんど呑んでいません。

お酒の温度さえ気をつければ、呑んでも大丈夫なのですが、呑むとおつまみが欲しくなります。

いつもは、食べるときに、なるべく噛まないようにしています。

酔うと、そんなことは気にしません。

普通に、食べてしまいます。

アルコールの麻酔が効いていて、噛んでも歯は痛くないのです。

しかし、酔いが覚めると、後悔します。

ジンジンと痛むのが、3日は続きます。

それで、呑まなくなってしまいました。

 

それでも、お正月くらい呑もうと思いました。

年末に、近所のスーパーの日本酒コーナーへ行くと、隣にいた女性が日本酒を手に取りました。

私は、声をかけました。

 

「そのお酒は、美味しくないです。」

「えっ! どれが美味しいですか?」

 

女性は、棚の上を指差したので、私も見ました。

久保田、八海山、越乃寒梅の180㎖のがありました。

720㎖のと違い、このサイズは、いつもは見かけません。

正月用だからでしょう。

 

「これは、間違いなく美味しいです。」

 

しかし、800円くらいしていて、高いです。

お店で飲むと、1合千円以上しますから、安いのかもしれません。

女性も、小瓶なのに高いと思ったようで、私のカゴに入っているお酒と同じのを手に取りました。

 

「それは、アルコール度数が高いので、お酒の好きな方でなければ、呑めないと思います。普通の日本酒は14度くらいですが、これは・・・・・・、ちょっといいですか?」

 

女性が持っていた、日本酒のラベルに書かれているアルコール度数のところを見えるようにしました。

 

「21度あります。」

「えー!」

「私は、お酒が好きなので♪ 割って飲んでもよいと思います。」

 

女性は、持っていた日本酒を棚に戻しました。

 

「もしかして、御神酒ですか?」

「そうです。」

「それならば、こちらにあります。」

 

少し離れたところに、180㎖の御神酒がたくさんありましたので、案内しました。

女性は、少し高いのを手に取っていましたが、私は違うのを勧めました。

 

「こちらでよいのではないでしょうか? 今日は安売りしていますし、私も購入します。味は、わかりませんけれども。」

 

金粉入りで、去年も購入しましたが、不味くはありませんでした。

女性は、私のカゴの中を見てから、勧めたのを手に取りました。

 

「教えてくれて、ありがとうございました。」

「声をかけて、すみません。」

 

お互いに頭を下げて、別れました。

 

元旦の朝、御神酒をいただきました。

金粉はきれいでしたが、酸味がついていて、美味しくありませんでした。

保存状態が、よくなかったようです。

女性に、申し訳ないことをしました。

女性は普段、日本酒を召し上がらないようでしたので、味はわからなかったかもしれません。

税別198円でしたので、こんなものかもしれません。

 

アルコール度数21度の日本酒の話は、機会がありましたら、お話させていただきます。