はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、身体に振動を感じると歯が痛いから。

冬は、歩いて通勤しています。

足元が何ともなければ、20分で着きますが、大雪やツルツル路面だと、倍近くかかることもあります。

 

外へ出ると、寒すぎて、口を開けることができません。

今までも、通勤時に歯がしみる感じが強かったですが、そういうのではありません。

歯が痛いのです。

外気が歯に、しみるのだと思います。

ギュッと口を閉じて、歩きました。

つい噛んでしまい、削られた歯に下の歯が当たり、歯が痛みました。

慌てて口を開けると、今度は寒さで歯が痛いです。

 

口を閉じて歩いていても歯が痛く、頭痛がしました。

後日、判明しましたが、頭痛と歯痛は連動しています。

歯が酷く痛むときは、頭痛も酷くて、大変でした。

 

口の中の上も痛いのですが、それも歯痛と連動していました。

歯の神経と、つながっているのではないでしょうか。

 

身体に感じた振動で、歯が痛むのに、気がついたのも、大分あとになってからです。

常に歯が痛いのに慣れたころ、よろけた拍子に、ドアにぶつかってしまいました。

身体よりも、歯が痛かったです。

歯が痛いと、頭痛もして不快なので、振動を感じないように、そうっと歩くようにしています。

それでも、歯が痛いです。