はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、おにぎらずをお弁当にしているから。

翌朝、歯痛で目が覚めました。

夜中にも何度か目が覚めて、寝不足です。

気にしすぎでしょうか。

 

布団に入ったままで息を吸うと、前歯がスースーして、涼しいです。

室内が、寒いからでしょうか。

 

トイレへ行くと、寒いので、噛みしめてしまいそうになりました。

噛みしめなかったのは、削られた歯に、少しでも歯が当たると痛いので、出来なかったのです。

下の歯が当たらないように、口を開けましたが、口で息をすると、前歯がスースーするので、口を閉じました。

閉じた拍子に、下の歯が当たって痛いです。

歯が当たらないように、舌で押さえたいところですが、削られた歯に舌で触れると嫌な感じがするので出来ません。

口を閉じたまま、上下の歯が当たらないように、気をつけました。

 

顔を洗って、身支度をしてから、お弁当を作りました。

お弁当と言っても、握らないおむずびのおにぎらずなので簡単です。

具は、シャケが多いです。

ラップの上に、半分に切った海苔、玄米ごはん、スライスチーズ、ほぐしたシャケを乗せてから、胡椒を少々振りかけます。

そして、半分に折るだけです。

ラップで包んで、形を整えれば出来上がりです。

握らないので楽なのと、おにぎりとは違い、まんべんなく具があるので、食べても美味しいです。

ただ、握っていないため、気をつけないとボロボロ落ちることがあります。

 

歯が、こんなことになっても、そっと食べれば、なんとか食べられました。

おにぎりならば、削られた直後は、かぶりつくことができませんでしたので、食べられなかったと思います。

この時は、胡椒をふりかけましたが、今は使っていません。

香辛料は、歯にしみるため、ほとんど使えなくなりました。

削られた直後は、何をしても痛すぎて、何が歯にしみるのか、よくわからなかったのです。

 

朝食は、おにぎらずで使い残したシャケをおかずにして、味噌汁と玄米ごはんを食べます

削られた前歯に当たらないように、ごはんを箸で口の奥に入れて、舌と口の上でつぶして飲み込みました。

シャケも、よくほぐして、そのまま飲み込めるようにして、食べました。

下の歯が削られた歯に当たらないように、気をつけていますが、当たってしまい、顔をしかめました。

 

味噌汁は、熱いので、具だけ食べました。

食べるのに時間がかかりますので、ぬるくなってきたので、飲んでみましたが、歯にしみて、汁は飲めませんでした。

食べるのに、時間がかかりすぎて、お腹いっぱいになる前に食事を止めて、仕事へ行く準備をしました。