はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に削られたのですが、ゴミ拾いと草刈りと草取りをしました。

定期的にしていることですが、朝はゴミ拾いをしました。

春は毎週、拾っても、コンビニ袋いっぱいにありましたが、今は片手で持てるくらいしかありません。

いつも同じところに、ゴミがありましたが、拾っているうちになくなりました。

ゴミがゴミを呼ぶようで、ゴミがあるところに捨てるのは、気にならないのかもしれません。

しかし、煙草の吸殻は、例外のようで、どこでもあります。

火のついたものを捨てるなんて、危ないとは思わないのでしょうか?

靴で踏んで消したつもりでも、消えないこともあると思います。

こういうのも取り締まっていただきたいです。

 

その後、草刈りを1時間半しました。

先日の草刈りのせいか、手首が痛いので、止めた方がよいのですが、気になってしてしまいました。

 

夕方は、草取りを1時間半しました。

肩と背中が痛いです。

 

これを読まれた方は、草なんて置いておいて、身体を痛めてまで、しなくてもよいと思われると思います。

私もそう思います。

 

勝手に歯を削れてから、すっかり精神的に参っております。

草取りをしていると、何も考えなくてもよいですし、目に見えてきれいになりますので、達成感があります。

土に触れていると、心が落ち着くのです。

 

歯を削られてしまった昨年は、暇さえあれば草取りをしておりました。

炎天下もしていて、ふらふらになりながら、草に遊んでもらっていました。

今は、さすがに炎天下にしようとは思いません。

朝と夕方ですから、少し落ち着いたのだと思います。

 

何かしていないと、余計なことを考えてしまいます。

余計なこととは、死のうと思ってしまうのです。

歯ぐらいでと思われるかもしれませんが、毎日のことですから、結構、辛いです。

病気でなったとかではなりませんので、納得できません。

被害を受けたのに、私に問題があると、歯科医から指差しして、激怒されたのも、納得できません。

あちらこちらに相談しても、どうにもならないことにも納得できません。

 

私が死んでしまったら、歯科医の思う壺だと思って、生きております。

 

非を認め 謝罪があれば 苦労せず 仕方がないと 思えたのにな

 

草取りで 心癒され 落ち着くが 身体は悲鳴 年考えろ