はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、障害者差別解消法を作っただけでは意味がないから。

『2019年3月11日 18:49

 

(私の名前)さんへ

 

DPI障害者権利擁護センターの〇です。

メールお受けしました。

「winmail.dat」は無視してください。

特にデータを添付していません。

変換できない部分をパソコンか携帯が勝手に添付データにしているのだと思います。(そういうことが時々あるようです)

 

さて、その歯科へ行く時は、無断で治療されないように、毎回、していただきたいことを文書にして持って行きました。

とのことです。

(私の名前)さんが丁寧にやっていたのに、医師が雑な確認をしたことが想像されます。

 

→具体的には、医師は説明をどういう風にしたのでしょう?

(私の名前)さんの意思確認をどういうふうにしたと言っているのでしょう?

そこが肝心なところになります。

 

障害者差別解消法では、医療従事者に対して、ちゃんと伝えるように指針で書いていますが、どのようにと書いていません。

各省庁でもいい事例、悪い事例を集めているところです。

こちらでも省庁や自治体に言っていくために、いい事例、悪い事例を集めているのが目下やっているところです。

 

DPI障害者権利擁護センター

〇 〇〇 月曜日担当

相談電話

DPIでの〇宛メールアドレス:』