はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、後回しにされているような気がしたから。

2017年2月16日、木曜日。

 

仕事が終わってから、急いで帰宅して、歯を磨きました。

予約の30分前の午後4時には、歯科医院へ着きました。

待合室には、患者さんが一人いました。

 

椅子に座って、持参した手紙を何度も読み直しました。

家でも、繰り返し読みましたので、直すところは見当たりませんでした。

治療を終えた患者さんが、診察室から出て来られた数分後、奥さんが受付へ来られました。

診察を終えた患者さんが呼ばれ、会計と次の予約をしていました。

 

私は、もう一度、手紙を読み直しました。

何度、読んでも同じなのですが、読まずにいられなかったのです。

受付前にいらした患者さんが、玄関へ向かいましたので、私は受付へ行きました。

 

「こんにちは。」

「こんにちは。」

「申し訳ありませんが、読んでいただけますか?」

「はい?」

 

笑顔の奥さまに、手紙を渡しました。

奥さまは、忙しそうでしたが、手紙を読んでくださいました。

私が待合室で座って見ていると、手紙を読み進むほど、奥さまの顔が険しくなったような気がします。

奥さまは、手紙を持って診察室へ行かれたようでした。

 

診察室のドアが開き、私の前にいらしていた患者さんが呼ばれました。

次は、私の番だと思います。

ドキドキしながら待ちました。

いつもは本棚にある本を読んで待ちますが、緊張しすぎて、活字が目に入らないため、椅子に座って待ちました。

 

壁に掛かっている、からくり時計を見ると、午後4時半になりましたが、まだ呼ばれませんでした。

 

診察が終わって、出て来られた患者さんもいました。

私の後に、来られた患者さんが、先に呼ばれて行きました。

私よりも、予約時間が先なのだと思います。

 

午後5時になり、からくり時計の人形が、出てきました。

童話に出てくるような、こびとの人形は、音楽と一緒にクルクルと回って、踊っていました。

後から来られた患者さんが呼ばれましたが、私は、まだ呼ばれませんでした。

待合室にいるのは、私だけです。

混んではいませんので、後回しにされているような気がしました。

 

午後5時30分になりました。

待合室には、仕事を終えて来られたと思われる女性2人と私の3人がいました。

3人もいることは珍しいので、診察が長引いているのでしょう。

 

午後4時からいますので、お手紙を渡したときの緊張感はなくなり、私は待ちくたびれていました。

診察室のドアが開きました。

 

「どうそ。」

 

奥さまが呼んでくださったので、診察室へ入りました。