はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、北海道歯科医師会担当役員の方へ問い合わせをしたから。

2017年11月12日14:59

 

件名:〇〇(私の名前)です

 

北海道歯科医師会 担当役員の方へ

 

お忙しいところ、早々のご回答をありがとうございました。

具体的に、ご回答いただきましたが、納得できませんでした。

 

貴会がなさることは、二つあり、

一.貴会員に患者の考えていること、思っていることをできるだけ正しく伝える。

二.貴会員が貴会に、アドバイスを求めてきたときに助言する。

これらを踏まえて、貴会員自身が最終的に、どのような対策をするかを決める。

 

今回の場合は、私の手紙を〇〇歯科医に送付し、〇〇歯科医がアドバイスを求めてきたときに助言されるのですね。

〇〇歯科医からは、アドバイスが求められたのでしょうか?

ご回答の文面にございますように、〇〇歯科医は、私には「説明済みである」と仰っておられるとのことですので、貴会で助言はされなかったのではないのではないかと思いました。

 

〇〇歯科医は、私から連絡があった際には、対応を検討したいとのこと。

〇〇歯科医へ直接伝えましたところ、横になったような状態の私に、立ったままの〇〇歯科医は激怒され、上から指差しをされながら、私に原因があることを説明されました。

私の伝え方が悪かったのではないかと思いましたので、謝罪のお手紙を差し上げましたが、お返事はいただけませんでした。

私から、再び連絡をすれば対応を検討されるということでしょうか?

何度も転びそうになりながら帰宅して、夕食を取らずに横になり、翌日、熱を出して嘔吐したくらい恐怖を感じましたので、再び同じ思いをするのは抵抗があります。

 

貴会では、私の口腔内の状態やレントゲンなど視診をしていないことから、診察の見立てができないため、主治医の判断が最優先されるとのこと。

〇〇〇〇歯科へ行った際、レントゲンは、歯科助手である奥様が、私に虫歯がないことを確認されましたが、〇〇歯科医はその場では確認されていないと思います。

この時のレントゲン写真は、診察の時に持って来られませんでしたので、私も拝見していません。

歯がしみることを伝えますと、その場で「歯並びが悪い」と言われました。

椅子の背もたれを倒されましたので、診察してくださるのだと思い、私が口を開けると、説明なく削られました。

〇〇歯科医も、口腔内の状態やレントゲンなど視診をしていないと思うのですが、主治医の判断が最優先されても問題ないのでしょうか?

貴会で、私を診ていただいた場合は、何か変わるのでしょうか?

 

貴会の意見を〇〇歯科医へ伝えたとございますが、意見内容を教えてくださらないでしょうか?

 

貴会では、会員への指導はしても、歯科医師の治療内容に対してコメントできないとは、どういうことでしょうか?

〇〇歯科医から、アドバイスを求められない限り、助言しないのでしたら、意見も指導も何もないと思います。

例え治療に問題があっても、〇〇歯科医が最終的に決めることであり、貴会では対応しないという意味に捉えました。

 

9月24日付けで、貴会へお手紙を差し上げ、9月28日付けで、ご回答をいただきました。

私の手紙を〇〇歯科医へ送付してもよいかどうかの回答書が同封されていましたので、了承するに丸をつけて、返送させていただきました。

その後、10月5日にメールをいただきました。

回答書を受け取ったこと。担当役員の方が、〇〇歯科医へ連絡した後、私に連絡をくださること。時間をいただきたいこと。

お手紙もそうでしたが、とても丁寧なご回答で、お忙しいのにご迷惑をおかけしてしまうことを大変申し訳なく思いました。

 

11月2日に、ご回答をいただきました。

『治療内容については、主治医の判断が最優先』

『今後は〇〇先生の対応を見守るしかない』

 

いきなり、突き放されたような内容で、大変驚きました。

歯科医と患者の話を伺って、どちらが正しいか、間違っているかの判断は、難しいのはわかっておりますが、患者のことは全く考えておられない回答だと感じました。

〇〇歯科医へ私の手紙を送付するのに、了承許可の書類を取られたのは、何かあった時のために、証拠として残すためなのではないかと疑ってしまいました。

考えすぎだとは思いますが、悪くしか受け取ることができません。

 

貴会は、貴会員である歯科医からの会費で成り立っておられると思いますので、歯科医の味方をするのは理解できます。

ですが、患者を守ることが、歯科医を守ることにつながると、私は信じております。

貴会員の歯科へ患者が通院しなければ、歯科医院の経営が成り立たないのではないでしょうか。

 

私の意向どおり、貴会員に対して、周知・指導に努めてくださるとのこと。

ご指導されて、同じことが起こった場合も、貴会は今と全く同じ対応をされるのではないでしょうか?

それでは、意味がありません。

 

〇〇〇〇歯科にて、削られた歯がしみて、食事が取れなくなりましたので、しみ止めをつけていただきたいとお願いしましたところ、3時間以上放っておかれ、一筆書かされて、しみ止めをつけていただきました。

同じように、治療する際には、同意書を交わすことを希望します。

私は元に戻らない治療を勝手にされて、苦しんでおりますが、調べますと、同じような方が多数おられます。

同意書を交わすには、治療前に説明しなければなりませんので、このようなことがなくなると思います。

 

貴会で、患者の意見は必要なことと理解してくださっているのは、安堵しました。

歯科医の判断よりも、患者自身の判断が重要だということに、気が付いていただきたいです。

 

繰り返しになりますが、私のような人が今後は出ないように、対応していただきたいです。

どなたにも、私のような思いをして欲しくありません。

貴重な時間を割き、お読み下さいまして、ありがとうございました。

 

〇〇(私の名前)