はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、3度目のレントゲン撮影をしたから。

歯科へ行くと、受付の方が笑顔で迎えてくださいました。

診察券と保険証を渡して、待合室の椅子に座って待ちました。

診察室へ続く戸が開き、歯科衛生士さんが私に合図してくださいました。

いつもは、1番か2番の診察室なのですが、この日は一番奥の3番の診察室に入りました。

1番と2番は、廊下から診察室が見えますが、3番は、個室になっていますので、ドアを閉めると中の様子が見えません。

診察室へ入ると、重そうなドアが閉められました。

 

衛生士さんが置いてくださった紙コップで、口をゆすいで待っていると、先生が来られました。

 

「こんにちは。よろしくお願いします。」

「こんにちは。どうですか?」

「まだ、歯がしみて、ズキッとした痛みがあることがあります。」

「まだ、しみますか。」

「はい。」

 

先生は、受付でお渡した手紙を読まれてから、驚いた感じで言いました。

 

「自分で、歯を削ったのですか!」

「はい。削られた歯に下の歯が当たって、痛くて我慢できなかったのです。何日もかけて、少しずつ爪やすりで削りました。」

「そうですか……。レントゲンを見る限りでは、何ともないのですが。」

 

先生は、2枚のレントゲン画像を見ながら言いました。

 

「確認のために、もう一度、レントゲン撮影しましょう。」

「はい。」

 

歯のレントゲンを撮りました。

この歯科では、3枚目です。

診察室へ戻って待っていると、先生が来られました。

先生はマウスで操作して、目の前の画面に、先ほど撮影したレントゲンが映し出されました。

 

「レントゲンでは、なんともありませんね。しみますか?」

「はい。しみますので、今日もしみ止めをつけていただきたいです。」

「そうですか。しみ止めが効かないようでしたら、レーザー治療もあります。」

「しみ止めをつけると、一時的ですが、しみにくくなります。レーザー治療をすると、しみなくなりますか?」

「してみなければ、わかりませんが、繰り返ししていると、しみなくなるかもしれません。」

「してみなければ、わからないのですね。間違いなく、しみなくなるのでしたら、してみたいです。」

「1度では、効きません。繰り返すことによって、しみなくなります。」

「しみ止めを塗った直後は、しみなくなりますので、しみ止めで様子をみたいのですが、どうでしょうか?」

「しみ止めにしますか?」

「はい。」

「じゃあ、しみ止めを塗りますね。」

「お願いします。」

 

先生は、衛生士さんに指示をして行かれました。