はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、赤い紙を噛み噛みしたから。

「気になる歯は、どの様な感じですか?」

「歯があるのがわかる程度です。」

 

神経があれば、歯があるのがわかりますし、神経がなくても、何故か痛く感じることもあります。

 

「噛んでください。」

 

院長先生が私の口に、ピンセットでつまんだ赤い紙を差し出しました。

言われたとおりに、赤い紙を噛みました。

 

「離して。」

 

「はい、噛んで。――離して。」

 

「噛んで。――離して。」

 

「強く噛んでください。――離して。噛んで。カチカチと。――離して。」

 

「思い切り噛んで。――離して。もっと噛んでください。カチカチ。――離して。」

 

「カチカチ。カチカチ。強く噛んで。カチカチ。カチカチ。続けて。――離して。」

 

院長先生は、噛むように指示されときは、私の目の前で、指先をつけてくれます。

離すときは、指先を離してくださいました。

強く噛むときは、力を入れた感じにして、繰り返し噛むように、指先を何度もつけたり離したりしました。

 

「噛んで。横に動かして。思い切り噛んで。――離して。横に動かして。――離して。横に動かして。思い切り噛んで、横に動かして。グリグリと。――離して。」

 

院長先生は、私の目の前で、指先をつけて、親指を左右に動かしています。

指示されたとおり、思い切り噛んで、下あごを左右に動かしました。

 

「噛んで。こうして。そうそう。続けて。――離して。もう一回。」

 

今度は、親指と他の指を擦るようなしぐさをしました。

アゴを前に出す感じにして、上の歯と下の歯を擦るようにしました。

 

「はい。離して。」

 

赤い紙を除けられました。

やっと、噛まなくてもよくなって、ホッとしました。

普段、こんなことはしませんので、ちょっと大変です。

マウスピースを作成するためなので、とても丁寧に診てくださっているのだと思いました。

診察の椅子は、ずっと倒されていましたので、私は寝たような姿勢のまま、深く息を吐きました。

 

院長先生が、奥さんに指示されたようですが、奥さんが何か言っています。

それに、院長先生が答えていますが、奥さんが、また何か言っています。

二人とも、マスクをしていますので、聴覚障害のある私にはわかりません。

二人の話が長いので、声をかけようかどうしようか迷っていると、奥さんが仕方なさそうにうなずきました。

一体、何の話をしているのでしょうか?

 

院長先生が、指先を合わせた手を開きました。

口を開けての合図です。

私は、口を開けました。

 

口の中に、器具が入れられました。

 

何? えっ!

 

右上、真ん中から3番目までの3本の歯を削られてしまいました。