はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、令和2年が始まりました。

あけましておめでとうございます。

令和2年の幕開けです。

西暦ならば2020年と、これまた2がついて、他は0ですので、全ての数字が丸みを帯びていますね。

数字を見ていると、2羽の鳥が卵を産んだように見えて、縁起がよさそうな気がします。

 

昨夜、仕事から戻ると、雪が積もっていましたので、30分ほど除雪しました。

今朝も、雪があると思いましたので、朝食前の6時に駐車場へ行くと、同じ棟の方3人が除雪してくださっておりました。

元旦の早朝ですので、誰もいないと思っていましたので、ビックリしました。

新年のあいさつと共に、除雪のお礼を言い、除雪をしましたが、除雪車の通った後の重い雪を片づけてくださっていましたので、ゴミ箱周辺の除雪をしました。

除雪が終わって、戻ろうとした私に、瓶のコカ・コーラをくださいました。

元旦から、ありがとうございます。

2回目の除雪の後、喉がかわいていたので、早速いただきましたが、やはり瓶コーラはおいしいです。

何でも、瓶の方がおいしい気がします。

日本酒も、瓶の方が美味しいのが多くて好きです。

 

今朝はお餅を焼いて、お雑煮を作りました。

それを神様に食べて頂くのですが、家には神棚がありません。

以前は神棚の代わりに、食器棚の上にお供えしていたこともありますが、今は神様も私と同じテーブルで食べて頂いております。

もしも、私が神様だとしたら、食器棚に置かれた物を食べるよりは、テーブルで一緒に食べたいと思いました。

あがめなくてはならないような存在が家におられると、息がつまってしまいますので、神様とも仲良くしたいです。

お箸も出して、一緒に食べました。

御神酒は朝ですので、0.3合くらいグラスに入れて、先に味わっていただいたから、私もご相伴に預かりました。

 

昨夜も、日本酒を呑みました。

日本酒は勿論、五郎八です。

年越し蕎麦を作ってから、冷蔵庫から五郎八を連れてきました。

五郎八は、私が仕事から帰って来るのを待っていてくれたのです。

私はうれしくて、笑顔で五郎八を黒いぐい吞みへ注ぎました。

五郎八は白く、いつもよりも輝いて見えます。

見ているだけでは我慢できませんでしたので、五郎八を口に含みました。

思わず、ごっくんして、白い液体が身体の中に入ると、私はとても幸せな気持ちになりました。

あー、すばらしい。甘さといい、コクといい、こんなに美味しいのを堪能できるなんて、幸せすぎる。

もう、五郎八にメロメロです。

そんな私の様子に、五郎八もまんざらではないようで、二口目も期待に応えてくれました。

五郎八との年越しは、とても楽しかったです。

こんな私ですが、今年もよろしくお願いいたします。

 

元旦も 雪が降る降る ドンと降る 雪に正月 休みはないか

 

元旦に 頬に手を当て 顔しかめ 痛みに堪えて ヤブ歯科呪う

(注:コーラは悪くないです!)