はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、令和元年も今日で終わりですね。

子ども頃、年末になると、親たちが今年もあっという間に終わったような話をしていました。

一年はこんなに長いのに、どうしてそんなことを言うのだろうと、とても不支持に感じたのを覚えております。

その時の親と同じ年齢になり、そういう気持ちがよくわかります。

歳を重ねるごとに、年々、一年が短く感じております。

今まで過ごしてきた年月の長さによって、そう思うようになるのかなと思います。

例えば、1歳であれば今年1年間は、365日分の365日ですけれども、100歳であれば、36500日分の365日ですからね。

生きているのが長ければ長いほど、1年は短く感じるのでしょう。

 

今年は、2月に車のガラスを割られて、警察のお世話になりました。

スピード違反で捕まったこともあり、警察にあまりよいイメージを持っておりませんでしたが、早朝から親身に対応してくださいました。

犯人は捕まっておりませんが、私に恨みのある者の犯行でしょう。

いくら本当のことでも、勝手に歯を削られたことを広めるのはよくないと、警察からたしなめられました。

 

秋には、蚊に刺されて、足がパンパンに腫れてしまいました。

痒みで2日間、寝られませんでしたが、勝手に歯を削られてから、医療機関へは怖くて行けなくなりましたので、メンタームを塗って治しました。

現在も患部は硬くなっていて、触ると痒くていますが、かかないように気をつけております。

 

色々ありましたが、今年も終わるのですね。

実は大みそかも仕事ですので、通常の日と変わらないのですが、年越しそばを食べて、日本酒でも呑みながら、楽しく酔いたいと思います。

みなさまも、よいお年をお迎え願います。

 

一年が 長く感じた 若いころ 歳を重ねて 短く感じ

 

治療とは 治すことだと 思うけど 歯科医にとって カネかねカネだ