はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、カラートリートメントの使い方をまとめてみました。

昨日、カラートリートメントの使い方をダラダラ書きましたので、わかりにくいのではないかと思いましたので、まとめてみました。

単に、書くことがないというのもあります。

 

用意するもの

・カラートリートメント

・新聞紙またはごみ袋

・手袋

・ケープ

・ビニールキャップまたは、ビニール買い物袋

・毛染め用の刷毛とクシ

ティッシュペーパー

・洗面器

・スポンジ

・台所用漂白剤

 

使い方

1、浴室の壁や床を新聞紙やゴミ袋等で保護する。

2、汚れてもよい前開きの服を着て、肩にケープをかける。

3、鏡で白髪の場所を把握する。。

4、洗面器にお湯を入れて、手袋を濡らす。

5、乾いた髪の毛に、刷毛とクシでカラートリートメントをつける。

6、1時間以上放置後、シャンプーし、よく洗い流す。

7、使用した物を洗い、片づける。

 

注意事項

・カラートリートメントは、地肌に塗り込まない。

・カラートリートメントが皮膚などについてしまった場合は、すぐにお湯で洗うか、濡らしたティッシュペーパーで拭き取る。

・カラートリートメントが壁などについてしまった場合も、すぐに洗い流す。

 時間が経って、落ちない場合は、台所用漂白剤をかけて、スポンジでこする。

(塗装などが取れてしまうかもしれませんので、自己責任でお願いします。)

 

カラートリートメントは、髪の毛全体に使うものだと思いますが、私は白髪が見える部分に多めにつけて、後は伸ばす感じで使っています。

いつも同じ髪形ですので、白髪さえ見えなければよいです。

髪の中の方はつけないで、表面だけつけております。

まんべんなく、つけていたら、時間もお金もかかりますので大変です。

白髪は、短く切っておりますので、根本を染める感じになります。

そうすると、染めていない部分と少し色が違ってしまいます。

ナチュラルブラックを使っているのですが、地毛よりも黒く染まります。

時々、髪の毛が黒々している方がおられますが、絶対に染めていると思いました。

私の髪の毛は黒い方なのですが、染めた部分と比べますと、茶色が入っていることに気づきました。

地毛に近い色にするのでしたら、ナチュラルブラックにブラウン系を混ぜた方が、自然に見えるのではないかと思いました。

こうやって、白髪を染めても、2~3日しか持ちません。

やはり、毎日、使い続けることが大切なのだと思います。

汚れないように、壁を保護して、時間をかけて塗っても、2~3日しか持たないのは、効率が悪いです。

やはり、通常の白髪染めをした方がよいのかなとも思いました。

 

白い毛を 気にしているの 人だけだ 頭でないと 福毛となるね

 

白い歯を 気にしているの 人だけだ 何でも食べれ 健康がいい