はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、ヘアカラートリートメントの使い方のコツを掴みました。

以前、白髪が気になってきたので、ヘアカラートリートメントを購入して、使った記事を書きました。

2ヵ月以上使って、ようやく使い方のコツがわかりましたので、ご紹介させていただきます。

 

まず、浴室の壁や床を新聞紙やゴミ袋等で保護します。

これは、カラートリートメントの汚れを防ぐためです。

トリートメントをする時に、壁になんてつかないと思われますが、結構、飛び散ります。

壁などについてしまった時は、そのままにしておくと、汚れが取れなくなりますので、すぐに洗い流してください。

少しついた場合は、濡らしたスポンジで拭きますが、たくさんついてしまった場合は、ティッシュペーパーでつまむようにして取り除いてから、濡らしたスポンジで拭き取っております。

事前に壁を濡らしておくと、汚れが取り除きやすいです。

 

前開きの服か、首回りが広い服を着て、肩にケープをかけます。

カラートリートメントが服についてしまうと、取れませんので、ついた場合に備えて、色の濃い服の方がよいです。

ケープはダイソーで、毛染めセットになったものを購入しました。

使い捨てのようですが、汚れても捨てずに、濡らしたスポンジで拭いて、乾かして再利用しております。

それから、お腹から下にも、ビニールか新聞紙で服を保護した方がよいと思います。

 

鏡で白髪の場所を把握します。

白髪が気になるところから、塗った方がよい気がしました。

 

手袋を用意します。

濡らした手についても、洗えば落ちますが、爪の間は、しばらく黒いままになります。

腕など、乾いている皮膚についても、お風呂に入れば落ちますが、つきそうなところは濡らしておいた方が無難です。

毛染めセットに、使い捨てのビニール手袋が入っていましたが、使いにくそうでしたので、私はゴム手袋を使っています。

使い終わった後、洗っていますが、青黒くなっています。

これも干して、再利用しております。

 

お湯を洗面器に入れる。

事前に、手袋などを濡らしておくと、汚れても取れやすいです。

肌などについた時に、お湯で洗い流します。

 

乾いた髪の毛に、カラートリートメントをつけます。

使用方法では、シャンプーしてから、タオルドライした後に、つけるようになっていますが、1回では全く染まりませんでした。

5回連続使用すると、徐々に染まるとありますので、その方がよい方は、シャンプー後に使われるのもよいと思います。

 

カラートリートメントを手で直接つけるよりは、刷毛でつけた方が、まんべんなく染まります。

毛染め用の刷毛とクシがついたもので、気になる部分に刷毛で塗って、その後、クシで伸ばす感じです。

直接、頭にカラートリートメントをつけてもよいですが、顔や壁、服などについてしまう確率が高いです。

刷毛がない方は、手袋をした手でつけて、クシで伸ばすようにされるとよいと思います。

その際、地肌に着かないように気をつけてください。

カラートリートメントが肌に着くと、取れにくいですので、ついてしまった時は、すぐにティッシュペーパー等で拭いた方がよいです。

耳の近くは、刷毛よりは手袋をした手でつけた方が、肌につきにくいです。

 

1時間以上、放置します。

説明では、5分ほど放置になっていますが、1回では染まらないと思います。

液ダレを防ぐために、買い物袋を被っていたこともありますが、今はしていません。

白髪は短く切っていますので、その部分だけ染まればよいので、全体的につけていないのです。

全体的につけた方は、ビニールキャップなど頭に何か被った方がよいと思います。

 

使い終わった物を洗い、片づけます。

刷毛、手袋、洗面器、ケープなどを洗います。

お風呂場の新聞紙を外し、壁などが汚れていないかチェックします。

汚れていて、濡らしたスポンジでも取れない場合は、食器用の漂白剤を原液のままつけて、こすると落ちます。

日数が経ってしまったものは、ティッシュペーパーなどに漂白剤をつけて、貼っておきます。

時間が経過したものは中々、取れにくいですが、何度か繰り返しているうちに、取れました。

その後、水などで、よくすすいでください。

 

カラートリートメントを洗い流します。

カラートリートメントをつけてから、1時間以上経過しますと、手で触れてもつかなくなります。

私は、カラートリートメントをつけてから、夕食の準備をして、食事後に入浴しています。

洗い流すというよりは、髪の毛を濡らして、そのままシャンプーしています。

お湯が墨汁の筆を洗ったみたいに黒くなりますが、素手でも汚れませんでした。

通常の使い方のシャンプー後、5分置いて洗い流すときは、お湯が物凄く黒くなりましたが、素手でしても、手を洗えば大丈夫でした。

よくすすいだ後は、カラートリートメントですので、リンス等は使わなくてもよいと思いますが好みです。

私は、いつもリンス代わりに、りんご酢を使っています。

ティースプーン1杯程度のりんご酢を洗面器にお湯と一緒に入れて、軽く混ぜてから、そのお湯を頭にかけます。

リンゴの香りがして、よいですよ。

 

後は水分をよく切り、タオルドライをして、髪の毛を乾かします。

白髪が染まっていないこともありますが、次回、染めるつもりで、放ってあります。

カラートリートメントは、白髪染にありがちなツンとした嫌な香りもしませんし、髪の毛と地肌にも優しいです。

 

白髪染め 見かけを若く してみても しわシミたるみ 隠しきれない

 

歯科だけは 治療するのも しないのも 主治医が全て 判断してる

歯科医師会によりますと、患者に断りなく歯を削るのも、一方的に治療を中止するのも、主治医の判断が最優先されるので、問題ないようです。)