はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、雪を押しラッセルは便利です。

5年くらい前から、ひび割れた除雪スコップを使っておりますが、きれいに除雪できず、私が駐車しているところは、盛り上がっております。

休みの時に、剣先スコップで盛り上がっている雪を取り除いておりますが、重労働です。

雪が降った都度、きれいに除雪した方が、簡単ではないかと思いました。

 

そこで、除雪スコップを新しくしました。

ドラックストアで、売り出していましたので、お安く購入できました。

きれいに除雪するため、スコップの先にメタルブレードがついているのにしましたので、多少の固い雪も除雪できます。

今までのはメタルブレードはついていませんが、50㎝くらいの幅広でした。

新しいのはスコップの幅が40㎝と少し狭いため、効率が悪く時間がかかります。

古いのを使った方が、早く終わります。

当初は、せっかく購入したのに、あまり使いませんでした。

 

同じ棟の方が、雪を押すタイプの除雪道具を使われていました。

雪を集めるには、とても便利ですが、スコップと同じようには使えませんので、集めた雪はママさんダンプなどで、運ぶことになります。

 

ホームセンターへ行って、除雪道具を見てみました。

スコップだけでも、種類がたくさんありますので、お店の前に並んでいるのを

眺めました。

今まで使っていた除雪スコップにしようかと思ったのですが、せっかく購入したスコップが無駄になってしまいます。

雪を押して使うラッセルを購入してみようと思いました。

ラッセルも色々ありましたが、売れている方がよいような気がして、残り1個のが目に入りました。

普通のラッセルよりも、奥行きが深く、スコップとしても使えるとあります。

持ってみると、軽くて使いやすそうです。

除雪スコップは、棒だけのではなく、手で持つ三角のがついていないと、雪を持ち上げることができません。

力のある男性ならば、持ち手がなくても大丈夫かもしれませんが、私はあまり力がないため、持つところがついているのにしております。

その分、ちょっと高くなってしまいますが、使いやすいのでなければ、購入しても意味がありません。

 

使ってみたところ、上手く押せませんでした。

駐車場が平らならば、押せると思いますが、凸凹ですので、すぐに引っかかってしまいます。

力のある方ならば、押せると思いますが、私は歯を食いしばることができませんので力が入らず、雪の重みに負けてしまいました。

結構、高かったですので、使わないという選択をしたくないため、ラッセルで雪を押すのではなく、かき集めるようにして使いました。

幅が広いですので、雪を集めるだけならば、今まで使っていた除雪スコップと同じように使えました。

 

使っているうちに、雪を押すにもコツがあることがわかりました。

平らではないところで、ただ押していたのでは、引っかかってしまいますが、腰を落として、ラッセルの先を浮かせるようにすると、雪を押すことができました。

ラッセルを使っているうちに、駐車場も平らになってきましたので、段々と使いやすくなりました。

たくさん降っても、ラッセルがあれば、雪を効率よく集めることができますし、さーっと軽く降った雪ならば、ラッセルだけですみます。

ラッセルは、とても便利です。

ラッセルは、プッシャーとも言います。)

 

これは、車のガラスを割られる前の話です。

記事を半分書いていたのですが、車の保険の話もあり、中々、発表できませんでした。

3月に入りますと、気温も暖かくなってきましたし、氷割りをしましたので、駐車場は地面が出ております。

もう春ですね。

 

ラッセルで 雪を集めて 除雪した 押せないときは 先を浮かして

 

患者の歯 黙って削り 一儲け 虫歯になれば 家を建てよう