はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、割られたガラスの破片を少しずつ取り除いているから。

2019年2月8日の早朝、除雪をするために外へ出て、車のガラスを割られていることに気がつきました。

リアガラスは全て割られて、フロントガラスは、運転席のところに、こぶし大の穴が開いていました。

車はレッカー車で修理工場へ運び、残ったのはガラスの破片です。

車にはまっているときは、透明に見えましたが、ガラスの破片は水色でした。

2月ということもあり、駐車場には雪があります。

大きな破片だけでもと思い、拾ってみたのですが、車のガラスは特殊で、粉々になってしまいます。

そのため、素手で触っても、手が切れることは少ないと思いました。

万が一、事故に遭っても、ガラスが原因で大けがということは、少ないのではないでしょうか。

 

駐車場にガラスが散らばっていますので、雪ごとバケツにすくって、室内に置いて置き、雪が融けたところで、生ゴミ用のネットに移して、ガラスを取り除きました。

しかし、雪とガラスの破片の入ったバケツをストーブの近くに置いておいても、中々、水になりません。

朝、雪と一緒にすくって、夕方、生ゴミネットに移していました。

バケツが空くと、夕方も雪をすくって、朝、生ゴミネットに移しました。

こんなに雪が融けにくいとは、思ってもみませんでした。

中々、春にならないはずです。

 

それを5日間くらい続けると、大体、きれいになりました。

集めたガラスの破片は、キラキラと輝いていてきれいで、水槽とかに入れて飾るとオブジェになりそうですが、そういう趣味がないため、水をよく切って乾かしてから、ビニール袋に入れて、物置に入れました。

燃やせないゴミを出す時に、一緒に出そうと思います。

雪が融ける都度、ガラスが出てきますので、車を移動して、ガラスの破片を取り除いております。

除雪のため、ガラスの破片も雪山に投げ捨てておりますので、雪が融けたら、ガラスの破片拾いをしなくてはならないと思っております。

 

水色の 破片キラキラ 輝いて 手に取り眺め 歯科医を呪う