はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、本日、龍雲を拝見しました。

今日は、よい天気で暖かでしたが、急に暗くなってきました。

窓から外を見ると、白くて長い雲が右側にあり、左側はモクモクとした雲に覆われていました。

なのに、真ん中だけ青空でしたので、変だなと思いながら空を見ていました。

目の前の青空に、白い雲が浮かんでいました。

その雲を見ていると、二つの眼が光りました。

「あ! 龍だ!」

雲の間から光が射していたのですが、丁度、眼の部分にあたりました。

細長い龍の顔が、はっきりと見えました。

右の方を向いていた龍が、少しずつ私の方へ向きました。

指を曲げたような感じの右手は、こちらの方に向けて、左手は下に向けていました。

光る眼が私を捕らえ、龍に見つめられたような気がしました。

龍雲を写真に撮って、待ち受け画像にするとよいと聞きますし、友だちにも見せたいと思い、携帯を取って写してみましたが、もたついている間に、ただの雲になっていました。

もう一度、龍を見たいと思いましたが、雲は移動して行き、龍の姿にはなってくれませんでした。

どこかに龍がいるかもしれないと思い探しましたが、龍の姿はどこにもありませんでした。

その後、段々と雲が厚くなって、空全体を覆いました。

午後3時半くらいでしたが、とても暗くて、本を読むには灯りが必要だと思いました。

白い雲でしたので、雨雲という感じではなく、分厚い雲に空が短時間で覆われました。

何となく、龍っぽい雲は見たことがありますが、こんなにはっきり龍だとわかるようなのは、初めてです。

眼が光りましたもの!

 

ネットで調べましたところ、長い雲も龍なのですね。

右側の雲は、龍の身体だったのでしょうか。

龍雲を見ると、よいことがあると思っていたのですが、悪いことが起きる前触れという説もあるようです。

よいことがある方がよいので、よいことが起こる前触れだと思うことにします。

 

龍神が 空から街へ やってきた 下界を眺め 眼を光らせる

 

歯科医師が 患者指差し 怒鳴りつけ 診察室に 放っておいた