はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、初雪が降りました。

昨日、雨から雪に代わり、白い物が空から舞い降りてきました。

見ている分には、とても美しいのですが、雪かぁ……とぼやいたのは、私だけではないはずです。

雪なんて、重いし滑るし、邪魔なだけです。

今朝は、車の上に少し雪が積もっていましたので、冬用のワイパーに変えようとしたのですが、ワイパーが凍っていて、ガラスから離れません。

無理に離すと、ワイパーのゴムが傷みますので、融けるのを待ってから、取り替えました。

雪が降る前に、車にワックスをかけたかったのですが、天気と私の体調が合わず、出来ませんでした。

春になってからでも、よいかなと思いました。

 

雪が降るだけあり、昨日からとても寒く、昼間でもストーブが欠かせません。

灯油代がかかるのも、イヤですね。

スキーやスノボをする方ならば、ワクワクする季節となりますが、ウインタースポーツをしない私には、憂鬱な季節となります。

おまけに、季節の変わり目は、精神的にも大変です。

身体がだるくて、何もしたくなくなるのは、ともかくとしまして、人生を終えてしまいたくなります。

勝手に歯を削られてから、食事は食べたい物ではなく、食べられるかどうかになりました。

少し噛めるようになりましたが、気をつけて食べないと、未だに歯が痛くなります。

人生の楽しみの一つである食事が、あまり楽しくありませんので、とても味気ないです。

私から楽しみを奪った歯科医は、無断治療から得た金で、おいしい物を食べていることでしょう。

理不尽ですね。

 

人生は 矛盾だらけで 大変だ 正義通らず 悪がはびこる