はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、地震で停電になってしまいロウソクを灯しました。

早い夕食を終えて、汚れた茶碗を洗ってしまうと、何もすることがありません。

ガスコンロに鍋をかけて、コーヒーカップ分のお湯を沸かし、インスタントコーヒーを入れました。

いつもは、電気ケトルでお湯を沸かしています。

ヤカンもありますが、コーヒーの分だけですので、洗ったばかりの片手鍋を使いました。

 

レースのカーテンをしたままですと暗いので、開けました。

日が落ちてきても、カーテンを開けると室内が少し明るくなりました。

外を見ても、いつもと変わりありません。

目の前の畑を見ながら、食料を得る方法を考えました。

畑には、あまり野菜がありませんが、少しはありますので、停電が続くときは、それを食べようと思いました。

 

夕食のデザートに、ミカンの缶詰を食べました。

缶を軽く洗って、準備しておいたロウソクにライターで火をつけて、缶の中にロウを垂らして、ろうそくを立てました。

熱でテーブルがおかしくならないために、缶の下に小皿を置きました。

その明かりで、コーヒーを飲みながら手話の勉強を続けました。

ロウソクは直径17㎜ので、結構明るいです。

本の文字も読めますが、電気と同じという訳にはいきません。

本を開くと、紙を綴じている部分に影を作っていました。

なるべく影を作らないように、灯りのそばで本を開けばよいのですが、本1冊と辞書を2冊使いましたので、どうしても影ができてしまいます。

 

外が暗くなりましたので、カーテンを閉めに行きました。

窓から外を見ると、車のライトがとても明るく見えました。

信号も止まっているはずなのに、車で移動する方がおられるようです。

近所の家の一つの窓だけ、明るくなっていました。

一瞬、停電は私の部屋だけなのかと思いましたが、他の家は暗いままです。

その家は、強力な懐中電灯をお持ちなのかもしれません。

カーテンを開けたままのようで、部屋の奥が明るく感じました。

 

情報を得たいですが、停電のため、テレビもパソコンも使えません。

携帯の画面の上に、ニュースが流れます。

それを見たいと思いながらも、電池の消耗が怖くて見ることが出来ません。

電池残量1しかありませんので、通電するまで持つしかありません。

また、メールがありました。

まさかと思いながら見ると、会社からの一斉メールでした。

停電中のため、安否確認システムを使っていることのお詫びがありました。

担当者のメールアドレスがわからないので、全社員へ送っているようです。

仕方がないのかもしれませんが、本当に止めていただきたいと思いました。

電池が減ります!

電気が来たら、会社からのメールは、携帯で受けるのは止めようと思いました。

 

社のメール 安否確認 だけのはず 業務連絡 皆に送るな!

 

私の歯 しみるのを診る だけのはず 勝手に削り 怒鳴るはヤブだ!