はははのはのおはなし

私の歯を勝手に削ったのは、逮捕されて無罪になった歯科医ではありませんが、無罪になったニュース記事を引用したところ告訴され、取り調べられることになりました。その記事は地方法務局を通じて、1年以上前に見られないようにされておりますが、その歯科医は私の逮捕を望んでおられるとのことです。

勝手に歯を削られたのですが、KDDI優待のうなぎの蒲焼きを食べました。

先日、KDDI優待のうなぎの蒲焼きが2枚届きました。

4千円ということで、23.5㎝×7㎝と大きいです。

こだわりの日本産とありますが、うなぎの原産国は台湾です。

電気製品も部品が他の国のものでも、作ったところが日本ですと日本製になりますので、問題ないのでしょうね。

しかし、台湾ならば、何も問題はありません。

 

美味しく食べたいと思いまして、食べ方を調べたところ、驚きの内容が書かれておりました。

パック鰻のタレは目重視で、着色料保存料がいっぱいなので、洗って取り除いた方がよいとありました。

洗ってしまって本当によいのかと思いましたが、試してみることにしました。

 

ウナギを解凍するために、鍋にお湯を沸かして、パックのまま入れました。

タレを洗い流すためですので、完全に解凍する必要はないと思いましたので、表面がとけていたら開封しました。

どんぶりの中にウナギを入れて、水道の水をかけながらタレを丁寧に取り除きました。

そんなことをしたら、身がボロボロと崩れて来るのではないかと思ったのですが、心配は無用でした。

その後、フライパンに水とうなぎの蒲焼を入れて、日本酒を振りかけました。

蓋をして、弱火で蒸し焼きしますが、フライ返しでひっくり返しました。

中まで火が通ったと思ったところで、火を止めて放っておきました。

その後、コンロで焼く方や、初めからコンロで焼く方法もあるようですが、洗い物が少ないように、フライパンで蒸して焼くことにしました。

 

届いた商品に、ウナギのタレと山椒が1枚につき4個ずつついておりました。

何故、こんなにたくさん入っているのだろうと思ったのですが、ついているタレを洗い流すことを前提にしているならば納得です。

蒸し焼きしたウナギにタレをかけまして、再び火をつけて、タレをしみこませました。

こげないように気をつけて、適当なところで火を止めました。

ウナギを切った方が、食べやすいと思ったのですが、熱くて切るのは無理でしたので、そのまま食べることにしました。

どんぶりにご飯をよそい、ウナギの蒲焼きを乗せて、ネギと山椒をかけましたが、ウナギがどんぶりからはみ出ております。

こんなに大きいウナギを食べたことが、あったかどうかさえ思い出せません。

土用の丑には、うなぎということで、スーパーで見かけますので食べたくなりますが、今は高すぎて手が出ません。

小さな蒲焼を買って食べていましたが、それほどおいしいと思いませんので、食べなくなりました。

 

いただきましたところ、ウナギがとてもフワフワして柔らかく、このおいしさは何?!と思いました。

むかーし、おいしいと評判のお店で、うな重を食べたこともありますが、同じくらいおいしいです。

お財布の関係から、こんなに大きいウナギをたっぷりは食べられませんでした。

暑いこともあり、食欲がなかったのですが、お腹いっぱい食べました。

みなさんも、おいしいウナギの蒲焼を召し上がってください。

 

うな重を おいしく食べて 満腹に 財布の中は 寂しい限り

 

歯科治療 美味しく食べて いる歯科医 削られた歯で 食べられないの