はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、厳選辛口吉乃川を呑みました。

以前、秋川滝美著『居酒屋ぼったくり』の中で、安いのに燗にすると香り豊かで、とてもおいしい日本酒になるとありましたので、呑んでみたい話を書きました。

それは、新潟県にあります吉乃川株式会社の厳選辛口吉乃川です。

近所のスーパーで、720㎖で税別658円という、庶民的な安いお酒です。

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018SAKA・普通酒部門でゴールドメダル受賞酒という紙が、瓶についております。

受賞するくらいですので、絶対においしいと思い、冷で呑んだことがありますが、おいしいとは思えませんでした。

好みは人それぞれですので、審査員の好みだったのだと思いました。

しかし、燗にするとおいしいと小説で読みましたので、購入してみました。

 

私は冷酒が好きですので、徳利がありません。

大きめのぐい吞みで、少しだけ燗にしてみることにしました。

電気ケトルでお湯を沸かして、お湯を鍋に移してから再び沸騰させて火をとめました。

ぐい吞みに入れた日本酒にラップをして、それを鍋の中に入れ1分程度、待ちました。

徳利ですと、ラップの表面が膨らむくらいとありましたが、びったりとラップすることができなかったため、お酒に指を入れて、人肌程度になっているのを確認しました。

 

人肌の日本酒を口に含んだところ、香り豊かで、まろやかな味になり、びっくりするくらいおいしかったです。

実は、暖める前に一口呑んでみたのですが、とても呑みやすくアルコール入りの水と言う感じで、癖のある日本酒の方がよい私には、物足りなかったです。

温めただけで、こんなに味が変わるのですね!

おいしかったので、次は3分くらいお湯に入れて、熱燗にしてみました。

香りが際立ち、とろみが出て、これもまたおいしいです。

1合半くらい飲んでしまいました。

 

日本酒は、温度によって味が変わるのを知っておりましたが、こんなに変わるなんて、嬉しい発見です。

今まで、燗は好きではなかったのですが、これから寒くなりますし、温めた日本酒を楽しみたいです。

しかし、こんな呑み方を覚えてしまったら、のん兵衛と言われても否定できませんね。

徳利を買って来なくては、いけなくなってしまいました。

 

日本酒は 温度変化で 味変わる 冷が好きだが 燗もいいよね

 

歯科医師の 良心だけが 頼りなら 歯科治療とは くじ引きみたい