はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、おさかなマスクを作りました。

使い捨てマスクを使っておりますが、暑くて使えなくなってきました。

もっと涼しいマスクが欲しくて、自分で作りたいと思いました。

ネット検索していると、おさかなマスクというのがありました。

魚の形のマスクなのかなと思って、クリックしてみますと、型紙がおさかなのように見えるマスクでした。

普通のマスクは、顔の中心部分を全て縫うようになっていますが、おさかなマスクは上と下だけを縫うようになっていますので、模様のある生地ですと、柄合わせを気にしなくて済みます。

作り方の説明を見ましたが、簡単そうですので、作ってみました。

他のマスクですと、縫わなければいけないところも、おさかなマスクは縫わないので、手縫いでも簡単に作れます。

しかも、表面にほとんど縫い目がありませんので、出来上がりがきれいです。

簡単なのに、フィルターを入れられるようになっているところも凄いです。

 

説明通り作ってみましたところ、売っているのとそん色のない出来でした。

表面にほとんど縫い目がないところが、とてもよいです。

つけてみましたところ、ゴムを通す部分の布が引きつってカッコ悪いので、縫った方がよいと思いました。

マスクの周りも縫った方が、耐久性があると思いますし、マスクゴムの出し入れするところも縫わないと、生地の端が出てきました。。

結局、普通のマスクと同じように縫い直しました。

 

出来上がって、つけてみましたところ暑いです。

表面はダイソーで購入したWガーゼを使いましたが、フィルターを入れる部分はWガーゼでは暑いと思いましたので、呉服店で購入したシングルガーゼにしたのですが、それでも暑いです。

暑いのにフィルターを入れることはないと思いましたので、シングルガーゼを切って取り除きました。

糸をほどくことも考えましたが、めんどくさいので、生地が綻びないように、2枚の生地を合わせてミシンで縁取りしてから、縫い付けましたが、端の方が厚くなりましたので、見た目は悪いですが丁度よかったです。

つけてみますと、それでも暑そうに思いましたが、折角、作ったので、このまま使ってみます。

 

おさかなの マスクと言えば さかなくん 本体だから さかなにマスク

 

歯科医師の 無断治療は 赦せない 泣き寝入りする 人だけじゃない