はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、長野県遠藤酒造場の養老正宗大吟醸を呑みました。

友だちから、日本酒飲み比べセットをいただきましたので、楽しみながら呑ませていただいております。

本日は、長野県遠藤酒造場の養老正宗大吟醸です。

 

長野県遠藤酒造場は、『創業元治元年(一八六四年)、須坂藩御用達の酒蔵として創業し、藩主の献上酒を納め始め、醸し出して酒を作り続ける蔵元。』とあります。

藩主だなんて、雲の上の方で、何だが凄いです。

養老正宗大吟醸は、『酒米を低温貯蔵により丁寧に仕込むことで、スッキリとしたキレのある味わいに。大吟醸らしい華やかな香りと旨みのバランスは抜群。』とあります。

日本酒にキレを感じがことはないと思いますが、とてもおいしそうです。

 

黒い瓶に、落ち着いた感じの紫のラベルに金文字で養老正宗とあり、高級そうに見えます。

その文字の下に、同じく金文字で小さく『ヨーローマサムネ』とあるのは、読めない人のためにカナをふってくださったのでしょうか?

大きく書かれた文字よりも、すごく気になっております。

何故、片仮名なのでしょうか?

『ヨウロウ』ではなく、『ヨーロー』というのも、引っかかっております。

ヨーローと打っても、漢字変換できませんので、何か意味があるのかとは思いますが、ヨーローって何んでしょう?

ヨーは回転運動で、ローは少ないなので、回転数が少ないのでしょうか?

何を回転したのでしょうね。

ヨーローって、本当に何でしょうか?

後、気になったのが銀色の蓋に『渓流』と刻印があるところです。

会社名でもありませんし、酒を作るにはよい水が必要ですから、そのための渓流かなとも思います。

そういう細かいことは置いておいて、いただきました。

 

美味い!

これぞ日本酒という感じで、少し癖と酸味が感じられる辛口で、日本酒好きにはたまらないと思います。

日本酒の香りとしか言いようがないのですが、よい香りがします。

シンプルすぎて、どう説明してよいのかわかりませんが、おいしいです。

これならば毎日、飲んでも飽きませんね。

正宗の文字を見た時から、絶対においしいとは思いましたが、300mlは、あっという間になくなりました。

とってもおいしくて、もっと呑みたいです。

ただいま酔っぱらっておりますが、よい気分です。

 

日本酒で ほどよく酔って 楽しもう お家で飲めば 安上りです

 

歯医者など たくさんいても 困るから 遠慮しないで ヤブは省こう