はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、手話ソングを楽しめるのは聴者だからです。

歌詞を手話で表現する手話ソングがありますが、とても楽しそうですよね。

手話を知らない方も、同じように手を動かしているうちに、何となく手話を覚えた気になります。

しかし、聞こえない側からすると、何をしているのか、さっぱりわかりません。

どういうことかと申しますと、歌詞を単語ごとに手話表現しても、意味がわからないのです。

以前、加入していた手話サークルで使われていた手話ソングの一部をご紹介します。

 

まぶしい  陽ざしが  君の     名前を呼ぶ

太陽    ふりそそぐ あなた(左) 口元から呼ぶ(右)

 

おんなじ 気持ちで 空が   見えるよ

同じ   心    空(左) 上を見る(右)

 

世界がひとつになるまで』の歌詞の冒頭部分です。

黒文字が歌詞で、赤文字が手話になります。

(左)ならば左手で、(右)ならば右手で表現します。

手話がわからないと思いますが、気にしないでください。

手話を日本語に直すと、どうなるでしょうか?

 

太陽がふりそそいでいるあなたに叫ぶ、同じ心で空を見上げる。

 

こんな通訳されても、何のことか、わかりませんよね。

おまけに元々の歌詞と、少し違っております。

『まぶしい日差し』が、『太陽がふりそそく』になってしまうと、意味が変わってしまいます。

歌詞全体を見て意味を考えますと、登場人物は二人ではないかと思いますので、仮に男女とします。

 

女性がドアを開けて、外へにいる男性に声をかけると、(暗い室内から来たので)太陽がまぶしくて、空を見上げた。

呼ばれた男性も空を見て、いい天気だと二人は思った。

 

これなら意味がわかりますよね。

歌詞は人によって受け止め方が違いますが、手話ソングよりは意味がわかると思います。

 

意味がわからない手話ソングですが、聞こえる方にはとても人気があります。

加入していた手話サークルは毎年、イベントで発表しておりますし、手話の勉強としても、手話ソングを利用しています。

歌詞の意味を考えず、単語をそのまま表現しますので、単語勉強にはなりますし、音楽がありますので、聞こえる方は楽しんでおります。

私は補聴器をしても、ほとんど聞こえませんので、手話ソングはあまり楽しめません。

歌詞によっては、手話ソングでも、わかるのがありますので、そういうのは楽しめます。

手話通訳をしている方は、手話ソングでは意味が通じないことがわかっていると思います。

聴者は音楽に合わせて手話表現すると楽しいので、聞こえない人のことは考えないのかもしれません。

 

手話ソング 楽しく歌う 健聴者 ろうあ者たちは 無言で見つめ

 

後悔を しても遅いが してしまう 削られた歯が ズキッと痛む