はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、トイレの詰まりにはスッポンです。

トイレを詰まらせてしまい、放っておいても直らなかったため、ラバーカップで直そうとしましたが、上手くいきませんでした。

動画で便器に透明テープを貼って、詰まりを一発で直したのを見たことがありますので、試してみることにしたところまでご説明しました。

 

レバーを回しますと、水が出ますので、透明テープが盛り上がりました。

動画と同じように、盛り上がったところを上から押さえましたが、何となく嫌な予感がしました。

押さえつけますと、空気圧で便座に貼っていたテープが剥がれてきているのに、水はどんどん流れて、床にあふれてしまいました。

ぼう然としていても、状態は変わりませんので、すぐに雑巾とバケツで水を吸い取り、新聞紙を敷いて、被害を広めないようにしました。

足が濡れましたので、風呂掃除用のスリッパを履きました。

ある程度、水分を取り除いてから、拭き掃除しました。

この時点で、疲れてしまいましたが、トイレの詰まりを直さなくてはいけません。

 

床が濡れていますので、滑らないように新聞紙を敷いてから、透明テープの真ん中にハサミを入れて、そこからラバーカップを入れました。

そして、便器の排水口のところへ差し入れて、押したり、引いたりしましたが、排水口とラバーカップの形が合わないため、穴の部分に嵌らなくて手ごたえがありません。

ラバーカップはゴム製ですので、無理やり入れてしましたが、上手く行きません。

通常ならば、周りに水が飛び散っていると思いますが、透明テープのおかげで、それを防ぐことが出来ました。

透明テープで、トイレの詰まりを直すことは出来ませんでしたが、水の飛び散り防止には、とてもよいと思います。

 

そういえばラバーカップは、押すのではなく、引いて直すのを思い出しました。

排水口にはめ込んで、思い切り引っ張ると、手ごたえがあり、水が少なくなりました。

もう少しのような気がして、もう一度すると、いつもよりも水量が少なくなりました。

まだ、詰まっているみたいですので、その状態でしてみたのですが、まったく手ごたえがありません。

ある程度、水がないとダメなようですので、バケツで水を入れてから、もう一度、引っ張ると、手ごたえがあり、いつもの水量になっていました。

直ったような気がしますが、万が一ということもありますので、バケツで水を入れてみましたが、水量は同じですので、レバーを回してみますと、流れた水は排水口に水が吸い込まれていきました。

拍手喝采です!

これで一件落着とはいかないのが、現実の恐ろしいところです。

 

便器内には、たくさんのブツがついておりましたので、トイレ掃除をしました。

床は拭きましてたけれども、便器の外側も汚れていますので、念入りに掃除をしました。

床と便器の間に、水が残っていましたので、新聞紙とトイレットペーパーで繰り返し吸い取りました。

そして、トイレ用シートを何枚も使って、念入りに拭いて除菌しました。

ラバーカップ、バケツなども、きれいにして、全てが終わったころには、ぐったりしておりました。

1時間は、トイレにいたと思います。

 

今回、学んだことは、トイレの詰まりには、早めにラバーカップを使って直し、詰まっているのに、水を流してはいけないことです。

透明テープは、荷造りの時などに使うのであって、トイレの詰まりは直りません。

こんなくだらない話を、3日に渡って書いたのは、単に時間がなかったからです。

簡単に書いてもよかったのですが、それだと、つまらないではありませんか。

トイレは詰まらない方がよいですので、トイレットペーパーの使い過ぎにも、気をつけるようになりました。

節水型トイレが増えておりますが、こんな事になるのならば、節水型じゃない方がよいのではないかと思います。

排水部分を大きくするなど、詰まりにくいトイレにしていただきたいです。

 

詰まりには やはりスッポン 一番だ 押すより引いて 一気に流す

 

ヤブ医師の 頭の中は 金だけだ 適当にして 儲け優先