はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、警察官が二人並んで見ていたから。

左人差し指の指紋も同じように、採りました。

印鑑の代わりに、墨みたいな黒いスタンプで、人差し指の指紋を押しましたので、くっきりと黒い指紋が紙につきました。

パッと見て、指紋の確認もしやすいですし、この方がよいのではないかと思いました。

ベージュの板で指に粉みたいなのをつけるのでは、色が薄いですし、紙を斜めにして透かして見ないと、きちんとついているかどうかが、わからないと思います。

 

どなたか訪ねて、来られましたので、出てみるとセコムの方でした。

車の確認を終えたので、これからレッカー車を呼ぶとのことでした。

セコムの方が電話をして、何かお話をされていました。

その後、電話を警察官へ代わっていました。

車を持って行っても、構わないかどうかの確認だと思います。

警察官は、セコムの方に電話を渡し、セコムの方が何か話をしていました。

電話を終えたセコムの方が帰られましたので、指紋採取の続きをしました。

 

また、どなたか来られました。

朝、車の保険会社へ電話していただいた方でした。

保険会社から連絡が来て、車をどこの整備工場に入れるかの確認でした。

 

「どこでも同じですので、保険会社指定のところにします。」

「そうかい。じゃあ、連絡するね。」

「すみません。お願いします。」

 

既に、保険会社指定工場になっているとばかり思っていましたが、何度も確認が必要なのかもしれません。

その場で電話をしてくださいましたので、口元を見ながら、内容を理解しようとしました。

何か、おっしゃっていますが、よくわかりません。

電話を切られたので、それで終わったのかと思ったのですが、私に説明してくださいました。

 

修理工場は、札幌市であること。

保険を使用すると、免責が5万円で、保険の級が下がり、保険料も1万円以上上がるので、どうするか。

 

「修理代は10万円以上かかると思いますので、保険を使います。連絡が大変ですので、保険会社指定の整備工場で、どこでも大丈夫です。」

「保険を使うんだね。整備工場は、保険会社指定と。わかった。」

 

また、保険会社へお電話してくださいました。

すぐに終わると思ったのですが、とても長いです。

部屋の中を見ると、警察官二人が立って、こちらを見ておりました。

 

事故に遭い 時間を取られ 金取られ 犯人だけは 喜んでいる

 

ヤブに行き 時間を取られ 歯も取られ 金をせしめて うはうはニヤリ