はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、ガラスを割られた車の写真撮影をしたから。

部屋から戻ると、私と話をしていた警察官はパトカーの近くにおられました。

車検証のコピーをお渡しすると、車の指紋を採取するかどうかを筆談で問われました。

 

『指紋を採取しますか?』

「指紋ですか?」

『黒い粉をかけるので、細かいところに入り込んで、洗っても取れにくいです。』

「え!」

車屋さんで、洗ってもらえば取れます。』

「この季節に手袋をしていないことはないと思いますので、取れないのではないでしょうか? 私も除雪するのに、手袋をしています。」

『嫌ならばしません。』

「嫌ではありません」

「拒否しないのであれば、大抵は取ります。」

「では、お願いします。どのようにされるのか拝見します。」

『車の写真を撮りますので、撮影の立ち合いをお願いします。』

「はい。」

 

パトカー内から、カメラを持って行かれたので、もう済んでいるのだとばかり思っていました。

警察官は、私の車の運転席側に立って、左人差し指を割られたフロントガラスを指差しました。

 

「わかりました。」

こういう風にして、ということだと理解しました。

 

警察官と入れ替わって、同じようにしました。

カメラを見るのは嫌なので、顔は下向きです。

毛糸の帽子を被り、除雪用の上着を着て、長靴、分厚いゴム手袋、車検証を右手に持って、左手はフロントガラスを指しました。

洗っただけの顔ですから、絶対に写真撮影用に適しません。

顔が写るのが嫌だなと思いつつ、待っていましたが、よいと言ってくださらないので、何か変な気がして、カメラの方を見ました。

警察官が、私に手を上げて、ちょっと待ってというようなしぐさをしました。

どうしたのかと思ったら、パトカーからフイルムを出して、カメラに入れていました。

こういうのは、デジカメではないのですね。

一番、安いタイプの業務用フイルムでした。

今まで、とても落ち着いていると思った警察官ですが、この時は、ちょっと慌てているように見えました。

 

フロントガラスの撮影が終わったため、次はリアガラスの撮影です。

警察官が、運転席側の車の後ろの横に立ち、右手を割られたリアガラスを指しました。

 

「はい。わかりました。」

 

同じように警察官が立たれた位置に立ち、右手人差し指で指差し、撮影が終了しました。

 

警察の 現場撮影 立ち会った Vサインして ニッコリ笑顔

 

犯人は 誰だと思う 歯科医師を 疑う私 動機はあるし