はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、手話通訳者の立ち位置が気になっております。

私は聴覚障害者で、ほとんど聞こえないため、手話通訳があれば、通訳者を見ることになります。

手話は勉強中ですので、通訳者の手話だけでは、わからない時があります。

その時は、話をされている方の口元を見ます。

見てもわからないと、通訳者を見ます。

話しをしている人の近くでしてくれる時はよいのですが、そんなに広くない場所でも、話をしている人から離れて、手話通訳がされると、とても困ります。

あっちを見たり、こっちを見たりして、とても忙しいです。

疲れてしまって、話の内容がわからないこともあります。

 

それで、手話通訳をされている方に、何故、講演会などの手話通訳で、講師の方から離れて手話通訳されているのかを伺ってみました。

近くで手話通訳すると、講師の方が嫌がるそうです。

手話通訳とは、講師の方のためにある訳ではなく、聴覚障害者が話しの内容を理解するために、通訳されるのではないでしょうか?

手話がわかっていても、講師の方が、どのような表情でおしゃっているのか知りたいので、できればお顔を拝見したいです。

そのためには、講師の方の隣でしてくださると、ありがたいです。

 

他には、手話通訳士が隅の方で、光が当たらず手話が見えないということも珍しくありません。

講演などの時に、手話通訳をつけてくださる時に、通訳士の立ち位置を考えていただきたいです。

 

それと、聞こえなくて、手話がわからない人のために、講演内容を見ることができたら嬉しいです。

パワーポイントなどで、内容を表示するなどがあれば、行きたいのですが、ないと思いますので、初めから行こうと思っておりません。

講演などで、手話通訳がつくことも知らない場合がほとんどです。

こういう情報は、積極的に教えていただきたいです。

 

講演の 手話通訳は 誰のため 配慮している 見せかけなのか

 

削られて 患者が悪い 激怒され 治療費取られ 食事も出来ず