はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、昨夜、足を痛めました。

昨日の夕食後、記事を作成するために、パソコンへ向かっていました。

計算したいところが出てきましたので、電卓を取りに行こうと思い、椅子から立ち上がった瞬間、左足がしびれていることに気がつきました。

立つ前に、しびれていることがわかれば、足をほぐして、そうっと立ちます。

歩けるかどうか、様子をみてから、足を踏み出すことでしょう。

 

記事を書くのに没頭しておりましたので、自分の足がどのようになっているのか、わかりませんでした。

いつものように立ち上がって、足を踏み出しました。

左足は、全く力が入りませんでした。

どうなると思われますか?

 

左側に、思い切り倒れました。

その際、左足をひねりました。

倒れ込みましたので、腕も痛かったですが、左足の甲がとても痛いです。

すぐに押し入れまで這って行き、湿布を取り出して貼りました。

左腕は軽い打撲で、背中も何となく痛いです。

それよりも、左足の甲は腫れています。

足を動かすと痛いですが、そうっと歩けば、歩けますので、骨には異常なさそうです。

若いときに、同じ場所にヒビを入れてしまい、ちょっとしたことで、何年も腫れるようになってしまいました。

治っても、何年も腫れるのは嫌だなと思いつつ寝ました。

 

夜中に、痛みで目が覚めました。

寝返りした時に、足を動かしてしまったのでしょう。

湿布を取り替えて、寝ました。

 

翌朝、腫れている部分が青くなっていました。

ネットで調べてみますと、捻挫はとにかく冷やした方がよいとありました。

ケーキを頂いたときに、ついていた小さな保冷材を手首用のサポーターに入れてみるとピッタリでした。

保冷材のままですと、冷たすぎるので、サポーターをカバー代わりにしたのです。

それを足の甲にあてて、その上から靴下を履きました。

 

1時間後、左足の甲は青いままでしたが、腫れが引いていました。

湿布でなければいけないような気がしていましたが、炎症は冷やせばよいのですね。

それまでは、足の指を動かしても、とても痛かったのですが、少しならば動かしても大丈夫になっていました。

 

保冷材を取り除いて、湿布を貼り、ドラックストアへ足首用サポーターを買いに車で行ってきました。

マニュアル車なので、ペダル操作が心配でしたが、そっと操作すれば大丈夫でした。

サポーターは、仕事へ行くときに使う予定です。

靴の脱ぎ履きの時は、足が痛くて、難儀しました。

 

今日は、年次休暇を取らせていただいているのは助かりました。

別に用事はないのですが、上司が勝手に入れてくれていました。

ちょっと足をひねっただけで、何をするにも時間がかかります。

昨日よりは、痛くありませんが、移動するのが大変です。

 

家に帰ってから、再び保冷材で冷やしました。

なるべく移動しないようにして、安静にしていました。

青かった左足の甲が、保冷材で冷やしたところだけ赤くなってきました。

痛みも少しずつ軽くなってきました。

これならば、明日、仕事へ行っても大丈夫そうです。

 

体に異常があると、健康のありがたみがわかります。

普段は、歯も意識しておりませんでしたが、今は毎日、気になっております。

 

早く治るといいなぁ。

 

記事のため 頭ひねって 足ひねり

 

金のため 勝手に削って 治療せず