はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、口コミで歯科のことを広めようとしたから。

勝手に歯を削られ、食事や水分を取るのも大変な状態になりました。

歯科医に、そのことと、これからは治療前に説明していただきたいことを伝えると、指差しして激怒されました。

 

私の伝え方が悪かったのではないかと思い、歯科へ謝罪のお手紙を書いてから、2ヵ月以上経過しました。

営業させていただいておりますので、歯科から謝罪があれば、それで終わらせようと思いました。

謝罪がないということは、悪いと思っていないということです。

被害が出ないように、何か対策をしなければいけないと思いました。

 

知り合いに会うと、私の歯の話をして、注意をするように伝えました。

しかし、時間がなくて伝えられない場合や、場所によっては、話をしにくい場合もあり、伝えたくても伝えられない時がありました。

どうしたら、効率よく伝えられるのかを考えました。

 

文書を読むだけならば短時間で、話をしなくても済みます。

歯科の注意を促す文書を作成しました。

 

文書は、職場や手話サークルにも持って行きました。

同じアパートの人にも、お見せしました。

会うことが出来ない方には、お手紙を書きました。

 

歯科の近所へも、配りたいと思いました。

しかし、知らない人へ注意を促すと、営業妨害として訴えられるかもしれません。

伝えるのは、知り合いだけに、とどめることにしました。

 

美味しいお店があるとか、逆に美味しくなかったとかを知り合いに伝えることは、よくある話です。

あくまでも、私の個人的な感想を知り合いに伝えているだけです。

 

それを知った方が、どう受け止めるかは、その方によって違います。

その方が、他の方へ知らせることもあるかもしれません。

ある方からは、職場で二人、そこの歯科へ行っていたと報告を受けました。

こうやって広まっていき、被害に遭う方が、出なくなればよいなと思いました。

 

街で知り合いに会うかもしれませんので、文書は今も、持ち歩いております。

 

口コミの こわさを知れば 廃業か