はははのはのおはなし

私の歯を勝手に削ったのは、逮捕されて無罪になった歯科医ではありませんが、無罪になったニュース記事を引用したところ告訴され、取り調べられることになりました。その記事は地方法務局を通じて、1年以上前に見られないようにされておりますが、その歯科医は私の逮捕を望んでおられるとのことです。

勝手に歯を削られたのは、1年以上経っても歯の不調が続いているから。

歯にしみ止めをつけると、歯の感覚がなくなります。

しみ止めとは、麻酔のようなものなのでしょうか?

塗って、すぐに効くのではなく、翌日から、効く気がしました。

感覚がなくなりますので、歯の痛みも軽減されます。

ずっと効いているわけではなく、段々と効き目が悪くなります。

どのくらい効いていたかは、はっきりとはわかりませんが、削られた直後は、2~3日でした。

塗り続けていますと、少しずつ効き目が長くなりましたが、長くても1週間は持たなかったような気がします。

 

それから、歯の痛みがありました。

虫歯のように、ズキズキとした我慢できない痛みではなく、鈍い痛みが続きました。

食べ物や食べ方によって、ズキッとした痛みがあります。

削られた歯だけではなく、口の中の上が痛いです。

歯が痛いときは頭痛もあり、なるべく薬を飲みたくないので、我慢するのが大変です。

歯痛と頭痛は、つながっているようでした。

体に振動を感じると、歯が痛いので、静かに歩く癖がつきました。

 

歯のしみや痛み、頭痛は、軽くはなりましたが、1年以上経った今も続いています。