はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、熱が出て嘔吐したから。

歯科医院を出て、家まで歩いて帰宅しました。

体がふらふらしていましたので、何度も、転びそうになりました。

足に力が入らないため、しゃがんでは歩くのを繰り返しました。

いつもならば、5分程度の距離を15分以上かかりました。

 

帰宅後、ぬるま湯でうがいをして、手と顔を洗い、着替えると、食事を取らずにベッドへ入りました。

 

歯がしみる感じがしただけなのに、今は、水すら飲むのも大変です。

食事も思うように取れません。

どうして、こんなことになってしまったのかと考えました。

 

歯科の受付で、歯がしみることを言うと、診察するのは当たり前です。

それが嫌であれば、相談なんて、してはいけなかったのです。

勝手に歯を削られたのに、再び行って、また、削られるかもしれないことは、想像できたはずです。

削らないで欲しいと言わなかった私が悪いのです。

それで、食事や水分を取るのも大変だなんて言ったら、気分を悪くするのも当たり前なのかもしれません。

これからは、削る前に説明をして欲しいなんて、院長先生にお願いするのもよくないみたいでした。

 

元々、説明しないで治療するのは、7年前に通院していたときに、気が付いていたのだから、行かなければよかったのです。

でも、指差しして、激怒って、どうなのでしょう?

患者さんを待たせているとか書いてありましたが、一応、私も患者です。

それとも、営業させてもらっていますので、私は患者ではなく、そうされても仕方がないのかもしれません。

 

治療を中止されたのに、居座ったらダメです。

しみ止めなんて、他の歯科でもつけて貰えます。

直ぐに帰ればよかったのです。

もう、あそこの歯科へは営業でも行けなくなりました。

 

私が悪い。

私だけが悪い。

 

息をしても、歯がしみるのは辛い。

食事や水分を取るのも苦痛。

歯というか、口の中が痛い。

 

生きているのが辛い。

楽になりたい。

生きていたくない。

死にたい。

 

そんなことを考えながら、一晩中、泣きました。

 

翌朝、目が覚めると、吐き気がして、嘔吐しました。

少し熱がありました。

鏡を見ると、目が腫れていました。