はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、茶髪の衛生士さんがいなかったから。

奥さんに言われたとおり、私は口をゆすぎました。

奥さんと交代して、歯科衛生士さんがトレイを持って来られました。

 

「こんにちは。」

「こんにちは。」

 

私から先に、挨拶をしました。

30代後半の衛生士さんは、いつもバッチリメイクで美しいです。

そのためか、ちょっと冷たく見えます。

 

以前は、もう一人、20代の歯科衛生士さんがおられました。

茶髪で日焼けしているので、ギャルっぽい印象を受けましたが、かわいいです。

 

私が営業に伺うと、受付には誰もいませんので、待合室で待ちます。

ここは受付専門の方がいなくて、衛生士さんも会計処理をします。

患者さんが診察室から出て来られると、会計のために、その患者さんについていた助手の奥さんか、衛生士さんが来られます。

会計が終わって、私に気がついてくれたら、営業開始になりますが、気づいてくれない時は、気がついてくれるまで待ちます。

注文のメールをいただいてから伺っても、混雑している時は、1時間以上、待つこともあります。

 

いつものように待合室で待っていると、20代の衛生士さんが、診察室のドアから他の患者さんを呼ばれました。

普通は、そのまま患者さんにつくのですが、患者さんを席まで案内した後だと思いますが、診察室から、スリッパを脱いで、わざわざ声をかけに来てくださいます。

奥さんたちは、そうまではしてくださいません。

とても優しいのです。

注文のメールをくださるのも、途中から奥さんになりましたが、それまでは20代の衛生士さんでした。