はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのは、レントゲン撮影のせいかもしれない。

「レントゲンを撮りますので、こちらへお願いします。」

「はい。」

 

奥さんに導かれて、レントゲン室へ行きました。

レントゲン室は、診察室の中央にあります。

中へ入ると、椅子に座るように言われ、座って待ちました。

大き目の水色のベストを前から着せてくれ、機械を私の前に持って来て、高さを調整されました。

ベストを着た直後は、ずしっとした重さを感じましたが、座っているからか、重さはそれほど気になりません。

 

「メガネやヘアピンなど金属の物は、ここに置いてください」

「はい。補聴器もはずした方が、よいでしょうか?」

「んー。はずさなくても、大丈夫だと思います。」

「外します。」

「はい。」と、奥さまが笑いながら言いました。

 

念のため、補聴器も外しました。

私には、聴覚障害があります。

補聴器をしていても、音がわかる程度で、会話は相手の口元を見て判断します。

歯科では、みなさんマスクをしていますが、話をするときは、マスクをはずしてもらっています。

奥さまも、マスクをアゴにずらしてくださっております。

 

「ここにアゴを乗せて、ひたいをつけて、ここをくわえてください。」

「はい。」

 

アゴや額をつける部分には、紙がついていて、口でくわえる部分には透明なカバーがついています。

患者さんごとに、使い捨てなのだと思います。

 

「そのまま、動かないでくださいね」

「はい。」

 

奥さんは、小走りにレントゲン室から出られました。

 

あーあ。嫌だなぁ。

通い始めると、長いんだよねー。

1ケ月で終わるかなぁ?

仕事が忙しい時期に、通わなければならなくなったら、途中で終わらせてもらおう。

 

そんなことを思いながら待っていると、レントゲン室のドアが開きました。

 

「終わりました。楽にしてください。」

「はい。」

 

私が機械から離れると、奥さんは機械を移動させて、私からベストを外しました。

 

「お席でお待ちください。」

「はい。ありがとうございます。」

 

私は、メガネをかけ、補聴器をして、ヘアピンを持ったまま、レントゲン室を出ました。