はははのはのおはなし

勝手に歯を削られてしまった・・・

勝手に歯を削られたのですが、キタキツネをよく見かけます。

街を歩いているキタキツネを見かけます。

一瞬、犬かと思ったのですが、しっぽを見れば、犬ではないことがわかります。

長くて、ふさふさのしっぽを横にピンと伸ばして、トコトコ歩いていました。

しっぽの太さは、胴体くらいありそうですが、あんなものを横に伸ばして歩いて、重くないのかなと思います。

しっぽの先が白いのは、かわいいですよね。

今は冬毛なので、まるまるしていて、触れてみたくなります。

 

キタキツネは、車道を歩いていることが多く、車の運転をしているときは、ひきそうになってヒヤリとします。

車にひかれてしまい、横たわっているのも見たことがあります。

ひいてしまった方は、ひきたくてひいた訳ではないでしょうし、道路の真ん中に横たわっていても、キタキツネは寄生虫エキノコックスが怖いですので、そのまま立ち去ってしまっても、仕方がないと思います。

 

朝、除雪をしていると、キタキツネに出会いました。

駐車場に足跡がありましたので、何の足跡かと思っていたのですが、キタキツネだったのですね。

車を停めた直後は、暖かいですから、暖を取るために来ていたのかもしれません。

猫がボンネット内に入り込むことがあるようですが、キタキツネは大丈夫なのでしょうか?

 

キタキツネのしっぽですが、ご覧になったことがない方のために、補足させていただきます。

もふもふした感じの埃取りモップの手に持つ部分を犬の肛門に、挿した感じで歩いております。

余計、わかりにくかったでしょうか?

下品で大変申し訳ありません。

 

キタキツネ もふもふしっぽ かわいいね 首に巻いたら 暖かそうだ

 

会員が 患者に言わず 歯を削る 当たり前だと 歯科医師会は